スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

グルキュフは買い取られました

カテゴリー: 移籍

 【ロンドン28日時事】サッカーのフランス1部リーグ、ボルドーは28日、ACミラン(イタリア)から今季、期限付き移籍でプレーしていたフランス代表MFグルキュフと4年契約を結んだと発表した。契約買い取りの選択権を行使した。地元メディアでは移籍金約1500万ユーロ(約20億円)と報じられている。

 同国代表の元司令塔ジダンの後継者の呼び声もある22歳のグルキュフは、残り1試合で首位に立っているボルドーをけん引し、同リーグ・カップ優勝にも貢献。今季の同リーグ最優秀選手にも選ばれた。 (livedoor スポーツ)



 あらら?ミラン、どうするつもりなんでしょうね。

 カカをレアルマドリーに放出するものと思っていました。負債がかなりやばいことになってきているみたいだし、噂どおり、ミランはカカをレアルマドリーに放出して、グルキュフを後釜に据えるのかと、勝手に思ってました。

 しかし、ミランも大変革ですね。(まだ噂段階のものも多いですが)監督が代わり、カカー、グルキュフが去り、マルディーニが引退。さらに、アンチェロッティにセードルフもついていくのではないかといわれている現在。特に中盤が人数不足ですね。ロナウヂーニョは?

ガットゥーゾとピルロ。それにどんな選手を加えていくのか。
正直、グルキュフのレンタルに買い取りオプションをつけたのは失敗だったでしょうね。カカの代りはできないにしても、その代りの選手はいるわけで、その代りをとるのにも金がいる。最も安価で手っ取り早く、期待できるのがグルキュフだったのに。彼も数年飼い殺しされたミランよりも母国フランスで大活躍できたクラブを選んだ。これはある意味当然の判断ともいえますよね。というわけで、グルキュフにはボルドーでがんばってほしい。そして、いつかはまたビッグクラブに挑戦してほしいですね。

そして、ミラン。フロントの仕事がまずすぎるように感じます。近年のDF高齢化に対しても有効な手を打てませんし、加えて財政難、ロナウド・ロナウヂーニョなど使えない選手の獲得とその浪費、そして、今回のグルキュフ買い取られた件。
たいてい、ビッグクラブがシーズン苦戦し、改革を行なうときはフロントの力、クラブの自力を見せつけるような動きをするものですが、残念ながら今のミランにはそんな強かさは見えません。特に今オフは長年監督をつとめたアンチェロッティが去り、チームの象徴であり、まさに大黒柱であったマルディーニが引退した、これ以上ない変革のときです。

今夏、ミランは巻き返すことができるでしょうか。今夏は次のシーズンだけでなく、今後5年、10年のミランを写すものになると私は思います。

サビチェビッチ、ファンバステン、ウェア、ライカールトなどなど。アリゴ・サッキのディフェンス論など、輝かしきグランデミランの時代はもうすでに遥か遠い。新しいグランデミランのため、今が正念場であるのは間違いないと思うのですが……


最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ

スポンサーサイト
2009/05/29(金) 13:30 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/476-94464efc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。