スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

長老様

カテゴリー: 移籍

フェネルバフチェが成績不振を理由に、スペイン出身のルイス・アラゴネス監督(70)を解任したと、スペインのムンド紙が1日に報じた。
過去アトレチコ・マドリードやバルセロナなどを指揮した名将のアラゴネス監督は、2008年の欧州選手権でスペイン代表を優勝に導いた後、フェネルバフチェの監督に就任。今季はリーグ4位に終わった。<スポーツナビ



アラゴネス解任ですか。リーグで4位だったんですね。フェネルバフチェやトルコリーグのことはぜんぜんわからないので言うことないですが、イメージの問題でいえば、フェネルバフチェほどのクラブが自国リーグ4位ならさすがに監督解任だな、とも思いますね。

私は昔のアトレティコやフットボールをしらないので申し訳ないんですが、アラゴネスがメディア等で言われるような智将・名将というイメージ、私はないんですよね。

スペイン代表ではたしかに素晴らしい戦績(ユーロ制覇)を残しましたが、W杯予選のころぐらいから解任要求が国民からでていたように感じますし、W杯後もなんで続投なのかと疑問に思ってました。まあその結果スペインはユーロをファンスティックフットボールで制し、私はまだまだ見る目がないなあ~と再認したわけですが。

たしかにユーロのときは、見ていて素晴らしいフットボールをしているなと思いましたし、采配もうなってしまうのも多く、ひじょうに私の中のうなぎ上りだったわけですが、W杯予選やW杯のときは、ユーロでの采配・結果などまったく予想できるようなものではなかったと感じたわけです。そのイメージも根強く残っており、『アラゴネス=歳とった、クラブ・チームを迷わせる迷将』という感じで捉えていました。いまだにあの人がユーロ制覇にみちびいたというのは信じられない事実なわけですが、その後(フェネルバフチェ)はやはり苦戦したようですね。

そもそも、なぜ彼が昔、アトレティコの監督を短い感覚で辞めては戻り、辞めては戻りを繰り返していたのか、なぜそんなことができたのか、私の中の謎なわけです。ご存じの方は教えていただけると助かります。

さて、そんなアラゴネスももう70歳ですか。もう引退されたらどうですか、と問いたくなる状況ですね。今、欧州の最前線で指揮する監督の最高齢なんじゃないでしょうか。よくわかりませんが。

きっと元気なお爺ちゃん、という感じの人なんでしょうね。どこかの監督をするにしても、名の知れた監督なので、今後、市場では注目したいですね。

最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ


スポンサーサイト
2009/06/03(水) 23:14 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/480-d11aff58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。