スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

中村のエスパニョールの移籍噂に思うこと

カテゴリー: 移籍

現時点で、中村の新天地がどこになるかは分からない。代表戦後にも再交渉が行われるという情報もある。しかし、09ー10シーズンのバルセロナダービー。壁をつくるバルセロナの選手たち。ボールをセットし、助走に入る青と白のユニフォームに身を包んだ中村。中村のファンでも、リーガのファンでなくても、ワクワクしてくる展開と言えるのではないだろうか?<livedoorスポーツ



まったくもって私はワクワクできません。今さらリーガに行くなんて、といった醒めた感じですね。

中村の足首は正直かなり状態悪いみたいですし、今さらステップアップしたところで満身創痍、負傷と出場を繰り返すだけになりそうな。そして何よりも、日本復帰がピーク時の中村じゃなくなってしまうのが一番の懸念です。よくも悪くも日本フットボール界の顔であるわけで、中田英寿なき日本フットボール界を背負ってきた人間です。ラーションのように、最後は母国クラブで一華咲かしてほしい。エスパニョールにいけば、たとえ一年でエスパニョールから放出されて日本に帰ってきても、もう今のレベルを維持できてないと思います。
小野の二の舞いにはなってほしくないんです。
だいたい、セルティックはあれだけ誠意を見せてくれていて、ファンも中村を熱望している。それでも、契約書を突っ撥ねてでも、日本に帰りたいと言っていたはず。それが、相手(マリノス)に誠意が見られないということで反故にして、「母国に帰りたいと契約を延長しなかった中村が、母国との距離はそれほど変わらないスペインのクラブと契約」すれば、ここ数年中村をあれだけ慕い、評価してきてくれたクラブやファンは納得できるのか。日本語を学び始めた人がかなり増えたとまで言われる、グラスゴーのファンたちの気持ちを考えると、中村はそれと向き合っていないのでは、とも感じる。マリノスに誠意が見えないと偉そうに踏ん反り返っておいて、自分が誠意に欠けた判断をくだそうとしていることには気付いていないのか。

マリノスの不誠実は、報道されている内容が事実であるなら、たしかに非難されてしかるべきだと思います。しかし、((すでにスポンサーと契約があったなど)簡単には白紙にはできない事情があったと思います。それだけ、中村を買い戻すためにお金や社会が動く必要があったということ。もう少し、妥協点は探れなかったのか。プロスポーツは興行である以上、イベントやスポンサーともうまくやっていかねばならない。それこそ、もうベテランの中村には多少理解する余地があってもよかったのではないか。

アスリートとして、それこそ野望だったり交渉で譲れないものがあったりするのは当然だろうし、それはアスリートの権利だとも思う。けれど、その権利を当たり前のように行使し、さも当然であるといっているようにすら感じる中村の“王様っぷり”には好意をもてない。それだけが全てじゃないと思うし、その、他の要素こそが、今日のフットボールの興隆を支えてきた大きな柱だとも思うから。

最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/06/15(月) 13:22 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/489-8eae2d5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。