スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

日本の壁

カテゴリー: 代表チーム

こんなタイトルでも、中澤やトゥーリオのことを指しているわけではありません。日本代表というチーム、そして日本フットボール界がぶつかっている壁、ということです。

まず、(もちろんフットボールにおける)国の総合力に関してですが、やはり多くの分類できる要素があって、その項目は選手、コーチ(監督)、クラブ、リーグ、アマチュア、協会、ファン、マスコミなどのがあると思います。

で、先日の豪州戦を見て感じたのは、というか最近の試合(ウズベク、カタール、豪州)を見て感じたのが、相変わらずのチームとしてのルール(決まりごと)の欠如、システム的欠陥とその修正をできない指導者。それが最大のウィークポイントなのかと思いますね。
つまり、本当にW杯ベスト4を目指すのであれば、もっとも効果的なのは監督を変えること。誰か新しく選手をヒーローに仕立てるよりも、外国人を帰化させるよりも手っ取り早く効果も高いと思います。変えるなら今のタイミングしかないと思いますが、協会は上記のウィークポイント以上にウィークですから、判断できないと思いますが。

そして、日本には他のフットボール発展途上国と違って金がある。これは大きな武器ですよね。つまり、クラブレベルも含めて素晴らしい指導者を引っ張ってくることができるわけです。実際に欧州などで名を馳せる監督たちも、けっこうな数がJの監督歴任者なんですよね。その最たる例がアーセン・ベンゲルだったり、イビチャ・オシムだったりなわけですが。オリベイラ監督なんかも名将で、Jでも素晴らしい功績ありですし。

で、世界的にもかなりの高給だといわれる日本代表の監督。なんで、そんなに金払ってるのにこんな監督しか雇えないんだ、と嘆きたい。いや、泣きたい。

でも、ジーコは納得できないものの、トルシエやオシムという経緯、理念は理解できるわけですよ。そして、なぜ、トルシエ以前の理念に一周して戻って来てしまったのか。

チームをマネージメントする上で、たしかにピッチ上で戦う選手たちは重要だし、彼ら選手がいなければ何もできない、それは事実です。しかし、一人の選手より、一人の監督を補強したほうがチームは成績を残せると思うのです。つまり、もっとも必要なのは選手だが、もっとも影響力があるのは監督。そして、代表チームで選手を他国から補強することは(基本的には)できませんが、監督などの指導者はいくらでもできるわけです。

日本のウィークポイントがそこなら、しかも補強できるなら、補強すればいいじゃないか。

日本のフットボールはJリーグのスタート、地域密着、ワールドカップ出場と開催、スカパーなどの視聴環境の整いにより、凄まじいスピードで成長を遂げたと思います。もちろん、世界のフットボール先進国からみればまだまだですが、日本は特に選手、アマチュア、クラブ、リーグ、ファンが成長したのではないでしょうか。一方で、協会、指導者、メディアの成長が滞っており、足を引っ張っている。これからは指導者がうまく若い選手やアマチュアを指導できるようになったり、協会がリーダーシップを発揮して適格な長期的強化計画を発動したりしなければ選手やアマチュアの成長、大幅な成長は厳しいでしょう。
これが、成長を続けてきた日本がぶちあたった壁、だと思うわけです。

協会の劇的変化はしばらく難しいかもしれないし、となると、代表チームの指導者・監督を変えるのが、やはり一番の上策。

岡ちゃん、辞めてくれませんか。
本大会ベスト4なんて、日本は無理なんて言いません。確率は低いでしょうが、ありうるとも思っています。(神風よ吹け!!)

でも、岡ちゃんが辞めて、代りにちゃんとフットボールを知っている監督が就いてやっとその可能性がでてくる程度だと思いますが。

本当にベスト4を目指しているのであれば、あなたがやめなさい。岡ちゃんが足を引っ張ってるって、その自覚すらありませんか。

最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/06/19(金) 00:11 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/493-03ec078d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。