スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

トーレスとビジャがくる?

カテゴリー: 移籍

21日付の英紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』によると、チェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチ氏は、リバプールのFWフェルナンド・トーレスに5000万ポンド(約79億円)のオファーを用意しているという。

同紙によると、チェルシーのカルロ・アンチェロッティ新監督のたっての希望により、同クラブは、トーレスとともにスペイン代表のFWとして活躍するバレンシアのダビド・ビジャの獲得も検討しており、両選手の獲得のために合わせて1億ユーロ(約133億円)を超えるオファーを検討しているようだ。<スポーツナビ



ソースがソースなだけに、信憑性はあまりありませんが。

まあリバプールの財政難は有名ですし、それ故のトーレス放出の噂はトーレスのリバ一年目から言われていることで、既出感がかなりあり。さらに金満チェルシーという煽りですかね。まあチェルシーが金満というのも今や昔ですが。

最近の金の渋り方から考えるとそんなクラスの選手を二人もとるようなことはないでしょうね。ただでさえ、アンチェロッティをとり、さらにピルロがくるかもという状況ですし。

ビジャに関してはスペイン内のクラブがいいと断言してますし、レアルマドリーが断然有力ですが、バレンシアとしてはチェルシーに売りたいという噂もちらほら。また、バレンシア新会長は提示額次第では売らない(残留)もあると宣言しているわけですから、結局はビジャの希望(レアルマドリー)か、バレンシアの希望(チェルシーからの移籍金)か、どちらとも折り合いつかず残留かの、3択でしょう。チェルシーファンの私としてはチェルシーにきてほしいですが、ビジャの健気さを考えると、本人の希望に叶った移籍になってほしいなあとも思うわけで、複雑です。

でも、やっぱトーレスは来ないでしょ(笑)


最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ



どうでもいいことなんですけど、アヴリル・ラヴィーンのWhen you're Gone、いいですね。前からアルバム持っててきいてたんですけど、今さらながら、この歌詞見ていい歌だな~と感じました。なんか、アヴリルって聞いてるとミーハーな感じがして公言したくないんですが、個人的には今さらながらのヒットです。
スポンサーサイト
2009/06/23(火) 00:08 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/496-8508d577
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。