スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Jクラブはやさしい。と、マイケル・ジャクソン

カテゴリー: 代表チーム

岡田ジャパンの南ア遠征は来年3月が濃厚であることが25日、分かった。W杯イヤーで過密日程となる来季のJリーグだが、日本代表の強化プランに協力する姿勢で、リーグ戦の開幕を1週間早めることを検討。例年なら3月初旬がJ開幕だが、2月末に前倒しすれば、国内リーグ戦を5月16日までと定めるFIFA規定の1週間前に終了でき、代表強化の日程に余裕ができる。さらには3月3日のバーレーン戦(アジア杯予選)の日程をずらせれば、南ア遠征の日程が確保できる可能性がでてきた。
スポーツナビ



 ほんと、岡ちゃんは恵まれてますね。こんなに好意的な自国リーグというのはなかなかないんじゃないでしょうか。岡ちゃんは2度目の代表監督、それにクラブチームの監督も勤めた経験ありなので、友好な関係を築くことができている、のかもしれません。それは岡田監督の手腕なのかもしれないので、それ自体を批判する気はありません。でも、まだリーグとして、クラブとして日本のそれらが代表や協会と切り離して独立する力があるかととわれれば、まだそれだけの力がない、ということなのだと思います。そして、そういう状況の中では、まだまだ、日本のプロリーグも成熟までに時間がかかると思います。

 これだけ、クラブが代表や協会に協力するというのは、たしかに喜ばしいことなのかもしれません。でも、まだ頼っているところがあるのも事実でしょう。クラブが選手を育て、代表がスターにする。いくら求心力が下がっている代表チームとはいえ、まだこれだけの力がある。クラブがスターを作り上げるほどの力をもたない、ということでしょう。欧州や南米のクラブはそうはいかない。選手がビッククラブなどに移籍し、代表に呼ばれるようになることもかなり多い。それは、クラブが選手を育て、スターにするから。代表は選手をスターにする必要がないこともよくある。

 もっと、クラブには成熟してもらいたい。文句があれば、苦言があれば、代表にも協会にもしっかりと意見を言えるクラブやリーグになってほしい。

 そして、岡田監督。こんなに各クラブが協力してくれているんだから、ぜひもっとましな成績を残せるよう、がんばってください。


あと、話を大幅に変えますが、マイケル・ジャクソンさんが亡くなられましたね。もちろんスター歌手でスリラーなどはきいたことはあったのですが、私の中では歌手というより奇行と整形の人というイメージでした。ネットやテレビなどでみなさんがマイケル・ジャクソンのことに言及しているのを見て、本当に偉大な歌手だったんだな~と気付かされました。簡単に彼の生涯を振り返るコーナーをしている番組をみたのですが、子供のころから活躍し、回りの金銭トラブルに巻き込まれ、大人になっても大ヒット連発。そりゃあ、周りを信じられなくなるだろうし、でも孤独だし、だからこそネバーランド買い取りや子供を集めてたりしてたのかな、となんだかマイケルがとても悲しい、悲痛な人のように感じました。まあ世代的にもあまりマイケルのことは知らないのですが、彼のご冥福をこの場を借りて、お祈りさせていただきます。


最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/06/28(日) 00:40 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/499-3f71881a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。