スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

オーウェンがオールドトラフォードに

カテゴリー: 移籍

「ちょうど、ほかのクラブとコンタクトを取り始めた時だったんだ。1日に突然ファーガソン監督から電話がかかってきて、翌朝、彼が僕を必要としていることを聞かされたんだ。僕の力を信じてくれたファーガソン監督には心から感謝している。<スポーツナビ



まじっすか。

先日、マンUはやっぱりすごいという内容のエントリーを書いたあと、ベンゼマはレアルマドリー行きが濃厚になっちゃうし、挙句の果てにはこの引用コメントの主であるマイケル・オーウェンの獲得。前回のエントリーとは逆の方向に進んでいるようで、なんとも言い難い状況です。

なぜ、ファーガソンはオーウェン獲得を決めたのでしょう。というか、すっかり忘れてたけど、オーウェンってバロンドール受賞者だったんですね。

ニューカッスルでのオーウェンをずっと追っかけていたわけでないのでなんとも言えませんが、少なくとも私には、ニューカッスル惨敗の戦犯に見えていました。シアラーはオーウェンと心中した、というふうに思ってました。もうかつての輝きはなく、金に目が眩んでリバプールを捨てマドリーに行ったことが全て。結局、レアルマドリーの銀河系バブルはオーウェン元年に崩壊し、そこからはまさに人生の下り坂。そしてあの昨シーズン。もう、落ちるとこまで落ちたな、というのが私のイメージでした。

たしかにこれ以上悪くなることはないかもしれないし、フリートランスファーで、つまり最安値で買うことはいいのかもしれませんが、サラリーはしっかりありますからね。だいたい、一時報道されていた、マンUの選手獲得に関する年齢制限のルールはどうなったのでしょう。これじゃ、若い選手の価値をあげていざとなれば高値で売却できる選手の獲得にはならないでしょう。

ベンゼマ獲得に失敗し、苦しさ紛れの獲得じゃないですよね。とりあえずFWの数を増やしたいから、という。

彼がニューカッスルからマンUに場所を移しても、セントジェームスパークとは別人のようなプレーができるわけではないはずです。

私のような素人にはファーガソンの狙いがわからないのですが、それなりにやはり考えがあるのでしょう。しかし、やはり納得いかない移籍ですね。ユニフォームもそんなに売れるとはおもいませんし。


最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/07/04(土) 23:50 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/502-7dc6e57d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。