スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

スーパーリーグ構想

カテゴリー: CL

新たに「ヨーロピアン・スーパーリーグ」を立ち上げることも視野に入れているようだ。

この構想で、CLでさえ常に提供できる訳ではない特別なものを保証するものだと、ペレス氏は強調している。ペレス氏は、「UEFAと協力してなしていかなければならないのは、ヨーロピアン・スーパーリーグだ。これは現在のCLでもそう頻繁に起こるわけではない、トップクラブ同士の対戦が常に行われることを保証するものだ」と語っている。

このような構想は、間違いなく各国の国内リーグへの脅威となる。だが、ペレス氏は「国内リーグを見捨てるようなことはない」と断固主張する。<スポーツナビ



いや、各国リーグを殺す気でしょ、これは。つまり、リーグや国の伝統よりも一部のクラブが肥大化・強大化してしまったわけですね。CLもなくなるか、もしくは大幅な大会の再編が必要になりますね、もし実現した場合。実現可能性はまだまだ低いですが、将来的にもなくはない話だと思います。でも、少なくとも今の状態でこれに移行すれば、ビッグクラブにすべてが集中し、一方で多くのクラブが破綻していくでしょうね。これが格差社会の行き着く先なんでしょうか。

たしかにEUも欧州連合として繋がりがどんどん強固になってきているし、言ってしまえば、一つの連邦に複数のリーグが存在する、というのがおかしい、という時代がくるかもしれませんね。

でも、今まで各国のクラブがやっていたような、地域密着型の経営からさらに離れていくのも免れない事実であり、それがなくなれば、今のような繁栄はなくなるでしょう。つまり、一部のクラブの刹那的独占により、今まで欧州各地で培われてきたクラブとフットボールの文化は崩壊していく。長期的にみるとフットボール界にとって大きな損失になるのは間違いない。

地域密着の経営。これが、アメリカなどとは違う、欧州の知恵じゃないでしょうか。連邦化するのはかまいませんが、欧州の良さを失うことは避けてほしいものです。


最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/07/06(月) 00:33 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/504-d4c6f406
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。