スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

浦和がユース選手を積極起用!?

カテゴリー: ユース

ユース世代を積極的に“トップ昇格”させる方針を固めた。目玉は、元祖怪物の森本(カターニア)以上の逸材と言われ、中3ながら飛び級でU―16日本代表に選出されたFW原口元気(15)だ。9月にU―17アジア選手権を制した代表組のMF山田、DF山地、DF浜田、MF高橋(いずれも浦和ユース)らも候補に挙がった。


 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 原口選手について、浦和の中村GMは将来のミスターレッズ候補として期待しているようですね。
「中3なのにユースの3年生をぶっち切る。シュートもパスも出せる」
 技術面は問題なく、今後はフィジカル面をドクターらと相談する方針だと報道されています。森本を超える逸材ですか、ひじょうに興味ありますね。
 森本はJで華々しくデビューを飾ったものの、思ったほど早くベルディでレギュラーになれず、結果的にユース選手としてイタリアへ飛び立ちました。まだ、日本のクラブには若手選手を育てるノウハウが欠けているのかもしれません。そんな中、浦和がそんなユースの選手たちを積極的に起用する方針を示したというのは、ひじょうに意義のあることではないでしょうか。特に、浦和がやるということはかなりの影響力を持ちます。
 浦和はファン獲得から今回のJリーグ優勝まで、努力をして成功したクラブであり、今最ものっているクラブでもあります。つまり、彼らは全ての日本のクラブの憧れであり、模範になりつつあると思うのです。今まで、浦和は財力にものをいわせた大型補強をして実力をつけましたが、ここからは育成もする、と。私は日本は正直、アジア全体のレベルのこともあって、欧州のようにレベルの高いリーグが成立するとは思いません。欧州はその国々のレベルが高いだけでなく、他国にも強いリーグやクラブがあるからあれだけ高いレベルを維持、発展させることができると思うのです。日本や韓国だけではどうしようもなく、アジアや東アジア全体でレベルが上がらなければ欧州のような成功を日本がえることはできません。Jリーグはどうやっていきていけばよいのか。ずばり、南米としての生き方がもっともベストだと思うのです。欧州に優れた選手を輩出する一方で大金をクラブが得て、若手の育成に資金を回しながら、クラブの質をあげていく。ブラジルやアルゼンチンなどのように、次から次に選手を輩出できるような、1大選手輩出の地になる、それが日本の生き方だと思うのです。ですから、こうやって浦和がユースに力をいれてくれること、ひじょうに日本にとっていいことなのではないでしょうか。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2006/12/26(火) 23:29 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/51-95e89445
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。