スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

日本のサッカーは早すぎる?

カテゴリー: Jリーグ

「確かにヨーロッパの選手は日本に比べると力強い。ただ、ヨーロッパの方がゲームの展開が速いのではなく、ショートパスが多いことからテンポよく、速く見えるのでしょう。日本は逆に“速すぎる”んです。ビルドアップ時に、DFがロングボールを前線の空いているスペースに向かって蹴り、そのボールをFWが追うという展開が多い。だから、ミスが少なくパスを繋いでいくヨーロッパの方がスピーディに見えるのではないでしょうか。<livedoorスポーツ



アランウィルキー氏のコメントですね。私は審判についてはぜんぜん詳しくないので(すぐに思い出せる審判はコリーナとフリスクぐらい。ちなみにどちらも現役じゃない)、ウィルキー氏といわれてもピンとこないんですが、プレミアシップで笛を吹いていたようですね。なかなか評判のいい方のようなので、よく日本に来てくれたな、と思います。

さて、そんなウィルキー氏が日本のフットボール、Jリーグのフットボールについて語っています。

DFからのフィードが多い、と。う~ん、最近Jの試合をじっくり見れてないのではっきりとわかりませんが、言われてみるとそんな気もします。

日本代表でも、オシムジャパンでは少なかったけどジーコや岡田ジャパンではそれより多い気も。実際イメージなんで、わかりませんが。

コンセプトの違い、システムの違いがあるのが原因でしょうか。オシムは水を運ぶ人という言葉を用いましたが、ジーコのようにクアルテッドマジコ(日本は黄金の中盤、でしたっけ?)ではなく、水を運ぶ人が必要だと言ったわけで、それは岡ちゃんにももう一度考えてもらいたい。中村ケンゴウや遠藤に水を運ばせる、もしくはフィルターさせるってことについて。まあ岡ちゃんがそもそも水運びやフィルターを彼らに求めているのかももはや謎ですが。

で、オシムのときに水を運ぶことを生業としていた選手は鈴木(たかゆきじゃなくて啓太。って、こんなの言わなくていいでしょうが。)だったと思います。彼がよく下がってきてボールを受け、もう一度センターバックに戻したり、サイドに預けたりしてた気が。

それが、Jでは水運びよりもロングボール戦術がはびこっている、というようなご指摘。そりゃあ、水運びの職人は育たないです。

ロングボールが悪いわけではないし、それが有効なときももちろんある。けど、結果として守備と攻撃の選手にパカッと別れてしまう可能性がある。またMFやDFが攻撃に参加することが難しい。

って、アレ?ACLではまさしく繋ぐポゼッションフットボールでガンバはタイトルとったんじゃなかったっけ?今はそれができてないのか、普及してないだけなのかはわからないですが、日本フットボールは進歩してるのか止ってるのか(世界のフットボールは進歩してるので、実質退化に近い)わからないですね。

なんかまとまりのない文章になってすみません。こういう展開にするつもりじゃなかったんですが、なんか変わってしまいました。

つまるところ、一番言いたかったことは、鈴木たかゆきは今どうしてるんだってこと。ベルギーから日本に帰って来てましたよね、前。

最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/07/31(金) 00:50 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/522-1daa5154
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。