スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

サルガド、ベルナベウから立つ

カテゴリー: 移籍

10シーズンを過ごしたレアル・マドリーを退団することが決まったミシェル・サルガドが5日、記者会見でチームメートへの感謝を述べた。

「仲間に感謝したい。一緒にプレーし、世界最高の選手たちと同じロッカールームにいられたのは名誉なことだった。特にこの10年間、僕と近しかった選手たちには感謝したい。ラウル、イケル、グティ、それにロベルト・カルロスはもうチームにはいなけれど、彼とは本当にすばらしい時間を共有できた。彼は僕の娘の名付け親でもあるんだ」

また、「他のチームのユニフォームを着るのは簡単なことではないだろうと思う。だが、今家に帰っても、まだあと数年間はプレーできるし、これまでの自分の人生だったものをまだ楽しめると感じるんだ」と現役続行を示唆した。

33歳のサルガドは1999年にセルタからマドリーに加入、2001、03、07、08年に国内リーグ、00、02年にチャンピオンズリーグ、02年にトヨタカップに優勝。契約は2011年まであったが、昨季はプレー機会が少なかった。マドリーは、シャビ・アロンソの獲得を発表した直後に、「契約を解消する」ことで合意したと発表していた。<スポーツナビ



なんか寂しいですね。クラブチームの一つのサイクルが終わり、新しいチームへの変革が行われる。その中で名プレーヤーやベテランが切り捨てられ、クラブを追われるのはよくあることであり、ビジネスである以上しかたのないことなのかもしれません。

近い話では、ビジャレアルのリケルメ、バルサのロナウジーニョが典型的ではないでしょうか。

サルガドは生涯レアルマドリーかと思ってたんですが、セルタからの移籍だったんですね。知りませんでした。これは私の無知ですが、弁護させてもらえば、それだけ長くマドリーにいて、活躍してきた、サンチャゴベルナベウでのイメージが強すぎた、ということでしょう。

まだ現役続行を望んでいるとのことで、どこに移籍するのか見所ですね。

ただ、契約解除がなぜこの時期になったのか。真相はわかりませんが、もし、レアルマドリーからは契約解除を打診されていたがサルガドが悩んで結論をだすのが遅れた、という展開ならわかるのですが、シャビアロンソ獲得、もしくは、他の選手の獲得による人員整理として最近切り出されたのなら、サルガドがかわいそすぎます。
でも、サルガドはクラブに対する文句一つなく去っていく、まさに男です。かっこいいです。

ぜひ、Jに……


最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/08/06(木) 16:27 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/530-54ebe1de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。