スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

予想願望 その1

カテゴリー: 未分類

さあ、絶対にしたくない予想。外れるための予想なんてしたくないんですが、他のブログの方々も恒例もしくは暗黙の了解のように予想をかいたエントリーを書かれているため、私も期待を込めた予想をちらっとしたいと思います。



■プレミアシップ

世界最高峰のイングリッシュ・プレミアシップ。やはり中心は4強。そこに大型補強のマンC、若く勢いがつけば怖いスパーズが4強の牙城を崩せるのか、というシーズン。まあ昨季開幕時もそうだった気がするが。

で、優勝は期待も込めてチェルシー。中盤(年末年始や1月のネーションズカップ)できっと苦戦するだろうが、アンチェロッティがそれをどのくらい耐えられるかが最大のポイント。主力も残っているし、高齢化しつつあるチェルシーにとって、おそらく現有戦力のパフォーマンスがピークを迎えるであろうシーズンだと思う。それに、マンUを玉座から落とすのはチェルシーであってほしい。

2位はリバプール。シャビアロンソの離脱は痛いが、ユナイテッドの方が傷跡は大きい。ベニテスとしては監督としての限界にぶちあたっており、更なるグレードにあがることは厳しいのではないか。トーレスとジェラードへの依存度も俄然高く、不在時や調子が悪いときに勝ち星を逃すようでは長いシーズンを勝ちきることは難しいだろう。
3位ユナイテッド。連覇をなしとげ、実力・経験をもった好チームだが、さすがにこの市場は厳しかった。オーウェン・バレンシアでは長丁場を戦いきれないだろう。CLで早々と撤退すれば話は別だが、そんなレベルのクラブではなくかなり終盤まで残る。結果CLもリーグタイトルも逃す、という展開を予想。
これでもし逆にCLもリーグもマンUがとったりなんかしたらまじファーガソンすごい。もうどうやってもチェルシーがマンUを倒せる日がこないのでは、とすら感じちゃうかも。

4位、トッテナム。
私はそれだけ期待してるんですよ、地味にこのクラブに。若い選手たちで経験不足。さらに監督のレドナップはプレミアではお馴染みのベテランだが上位に食い込んでくるイメージのない人物。けど、期待をこめて、やってほしい。勢いさえあればかなりの結果をだせるのは昨季の中盤~終盤に証明済み。キーポイントはディフェンスで、どれだけ早くここを安定させられるかが勝負。うまくいけば、年末年始・ネーションズカップで他クラブがもたつく中、安定した成績を残せることもできる。最後はアーセナルとシティーと3つ巴でCL出場権を争うことになるだろうが、3クラブで最も守備が安定しているであろうスパーズがなんとか4位をかっさらうと信じている。

5位、シティー。まあこれくらいしないとダメでしょ、戦力的に。じゃないとラニエリ以上に、ヒューズは糞監督ね烙印を押される。予想としてはヒューズは途中解任にはならず、シーズン終了後に解任というシナリオ。

6位、アーセナル。ようやくここでアーセナル。壮絶な4位争いの末に敗れて6位フィニッシュ。大丈夫ですよ、どうせベンゲルは解任ならないし、若手の台頭によって成績残せなくても来期以降への期待でなんとかなる。ミランとは違って一度成績残せなくても選手たちは若いから糧にして成長する。2、3年後には怖い存在だろうが、その前に苦境を味わうシーズンになるだろう、という感じです。

以下略。特に昇格組は戦力もよくわからないので。でも、エバートンやサンダーランドは面白い存在ですね。大いに上位陣を困らせてやってほしい。


■セリエA

イタリアは1強が確立されている。インテルに他のクラブがどれだけ近寄れるかが見所。

優勝候補筆頭はもちろんインテル。ズラタン⇔エトーの大型トレードの影響はあるだろうが、そこは稀代の策士モウリーニョ。しっかりと最低限の結果は残し、着実に勝ち点を積み重ねていくはず。

対抗は貴婦人ユーベ。カルチョスキャンダルからゆっくりと戦力と経験を育み、今期こそ飛躍を誓う。しかし、やはりまだスクデットにはチームにパンチが足りない。昨季でいえば、バルサのメッシ、インテルのズラタン、ユナイテッドのクリロナという具合に頂点にたつクラブは突出した核が必要であるのが現在のフットボール界。ユーベの選手が一人でも、バロンドール級の選手になる“覚醒”をすればスクデットも可能、貴婦人の、そしてカルチョの復活となる。ジョビンコとか、爆発してくれないかな~

3位ローマ。私はなんだかんだ言ってデロッシがけっこう好きなんです。いや、だからどうしたっていう話ですが。

4位ミラン。期待を込めた予想としては、シーズン序盤から大いに躓き、レオナルド解任。冬の移籍でレアルマドリーの余剰戦力を買い取るなどしてシティー顔負けの大型補強を敢行。4位を勝ち取るというシナリオです。そんだけ苦戦してもなんだかんだで順位あげれるのがこのリーグの特徴のような気がする。


セリエの予想は特に難しいですね。一部のクラブを除けばみんな中小地方クラブ。森本の成長なんかのほうが興味あって、あとは順位などそれほど……。

ヴィオラがミランと最後まで争うでしょう、今後しばらく。

最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/08/14(金) 23:36 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/534-6ed2f8b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。