スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

予想願望 その2

カテゴリー: 未分類

またまたしたくない予想の続きです。前回のエントリーでプレミアとセリエを適当に書いたので、リーガエスパニョーラーを。


■リーガエスパニョーラー

世界最高峰のリーグといえば近年はプレミアですが、今期はビッグネームを掻き集めたギャラクティコのせいで注目度も有名選手もリーガが上。でも、CLはやっぱりプレミア勢が快走するんでしょうけど。
リーガも、2強体制でもいいんですが、もっと他のクラブがその2強を脅かす、そんくらいのクラブが3つくらいでてくるとプレミア張りの面白さがでてくると思います。まあ、これはあくまで個人的な感性・意見によるもので、2強体制が面白いというリーガファンもいると思いますが。

話がそれましたね。要は、リーガは覇者バルサと歴史的大型補強を繰り返したレジェンド・レアルマドリー。

で、優勝は……バルサだと予想します。レアルマドリーは2位。レアルマドリーは中盤が山場でしょうね。レギュラーや出場機会を得られない選手が不満分子になるでしょうし、しかも人数も多い。つまり、派閥ができかねない。派閥がオランダ派閥、スペイン派閥のようになるか、旧体制派新体制派になるか、レギュラー・サブ派になるか、わかりませんが、こうなったときにクラブがどれだけ成績をキープできるか。冬の市場では、使われない選手たちの粛清があるでしょうし、そこまで持ち堪えられるか、うまく市場で捌けるか、です。ただ、市場のほうはさほど難しくないと思います。W杯にむけて、例年以上に選手たちは出場機会に固執するはず。

一方でバルサは基本ベースは変わらず。エトーが抜け、ズラタンがきましたが、ズラタンほどの選手ならバルサにもフィットするでしょうし、エトーだったらネーションズカップの心配が必要だが、ズラタンではその懸念がいらない。ひじょうにあの移籍条件が適正だったとは思えないが、ピッチ上ではバルサに利があるトレードになった。懸念をあげるとすれば、監督。昨季は素晴らしい結果を残すことができたものの、やはり他の欧州メガクラブの監督たちと比べるとグアルディオラは実績も経験も心許無い。勝って兜の緒を締める、ということができればいいが、もし昨季の成功で選手が舞い上がり、開幕ダッシュにライバルであるレアルマドリーが失敗したら緊張をキープできるだろうか。ここでグアルディオラの、ビッグクラブの監督としての手腕が問われる。しかし、この程度しかマイナス要因は見当たらない。

3位以下は、よく入れ替わりの激しいリーガなので難しいが、候補はバレンシア、ビジャレアルにセビリア、アトレチコといったところか。

バレンシアは今期どう転ぶか、ひじょうに興味深い。破綻寸前でビジャやシルバの放出は確定事項だと思われていたが、まさかの残留。昨季は給料未払いの問題もあったが、今期は大丈夫なのか。この経済的抑圧によって選手たちが団結するか、チームとして崩壊するかが分かれ道。しかし、バレンシアは給料に他のクラブほど選手間での差はない。しかもバレンシアを愛している主力が多いこともあって、ピッチ上では好転すると私は信じてます。

よって、期待を込めてバレンシアを3位に…。4番にはアトレチコを。選手の質は十分。着実に順位を少しずつあげてきたアトレチコ。そして、何を隠そう、私はリーガではアトレチコが一番贔屓にしているクラブ。(今期すぐにできるとは思わないが)バルサとレアルマドリーの2強の牙城を崩すべきはこのアトレティコ。アトレティコが強くならないとリーガは今以上の熱狂・繁栄はない。ファンの気質、歴史、ホームタウン(マドリーダービー)。ほら、みなさんもアトレティコを応援したくなってきたでしょ(笑)


というわけで、3位アトレティコ、4位バレンシア。



■おまけ・CL。


やはり中心はプレミア3強(アーセナルを外す4強)とバルサ、レアルマドリー。

チェルシーは今期はリーグにより優勝の可能性があり、そっちを優先してしまいそうな気がする。ユナイテッドはいい線いくけどリーグと合わせて共倒れ。となると、一番いい線いくのはリバプール。リバプールのトーナメントの勝負強さは異常。こやつらは決勝に行けると思います。今年の決勝の地は……。

そうです。ベルナベウ。今回のレアルマドリーの鬼補強はすべてこれのためでしょう。スペインのリーグタイトルをとるよりも、ベルナベウで、クリロナなどのバロンドール級の選手たちがビッグイヤーを掲げる。これが世界に、バルサ以上の存在であることをアピールする、起死回生のシナリオ。つまり、バルサがリーガをとり、レアルマドリーがCLをとる。スペイン代表も含め、欧州のフットボール界ではスペインが女神の寵愛をうけている。今期も、このままスペイン勢が、レアルマドリーがビッグイヤーを。これも予想というより希望ですね(笑)。


……また今度、機会あればましな予想をしたいですね。



最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/08/15(土) 01:28 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/535-f663264e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。