スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

抽選

カテゴリー: CL

(CL)抽選会の結果は、以下のとおりとなった。

◆グループA
バイエル・ミュンヘン(ドイツ)
ユヴェントス(イタリア)
ボルドー(フランス)
マッカビ・ハイファ(イスラエル)

◆グループB

マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
CSKAモスクワ(ロシア)
ベジクタシュ(トルコ)
ヴォルフスブルク(ドイツ)

◆グループC

ミラン(イタリア)
レアル・マドリー(スペイン)
マルセイユ(フランス)
チューリッヒ(スイス)

◆グループD

チェルシー(イングランド)
ポルト(ポルトガル)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
アポエル(キプロス)

◆グループE

リヴァプール(イングランド)
リヨン(フランス)
フィオレンティーナ(イタリア)
デブレツェニ(ハンガリー)

◆グループF

バルセロナ(スペイン)
インテル(イタリア)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ルビン・カザン(ロシア)

◆グループG

セビージャ(スペイン)
レンジャーズ(スコットランド)
シュトゥットガルト(ドイツ)
ウニレア・ウルジチェニ(ルーマニア)

◆グループH

アーセナル(イングランド)
AZ(オランダ)
オリンピアコス(ギリシャ)
スタンダール・リエージュ(ベルギー)
livedoorスポーツ




また熱く、寝れない夜がはじまりますね。やっぱりCL、華があっておもしろい。


◆グループA
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
ユヴェントス(イタリア)
ボルドー(フランス)
マッカビ・ハイファ(イスラエル)

やはり上位2クラブが本命。でも、ユーベもボルドーも、ポット1がバイエルンでホッとしているかもしれませんね。他のポット1と比べればやはり総合力が劣りますから。しかし、ロッベンの電撃加入もありますから、面白くなりそうですね。

◆グループB

マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
CSKAモスクワ(ロシア)
ベジクタシュ(トルコ)
ヴォルフスブルク(ドイツ)

 マンUの優位は揺るぎません。ヴォルフスブルクとチェスカが2位争いでしょう。チェスカは欧州での実績ありヴォルフスはブンデスを制した地力で上。ただ、リーグとCLのどちらでも成績を残すのはヴォルフスブルクは難しいですね。長谷部が、マンUと戦う試合は日本人としては要チェックでしょう。

◆グループC

ミラン(イタリア)
レアル・マドリー(スペイン)
マルセイユ(フランス)
チューリッヒ(スイス)

レアルマドリーとミランですが、ミランとしてはなんとしてでも勝ちたいでしょうね。欧州の舞台では強いミランですが、その陣痛力がこのシーズンでももつのか。そろそろ限界……かな。見所はマルセイユ対レアルマドリー。モリエンテスが、レアルマドリーキラーっぷりを発揮できるでしょうか。

◆グループD

チェルシー(イングランド)
ポルト(ポルトガル)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
アポエル(キプロス)

 アポエル?どこだ、それは……。チェルシーが優位ですが、なかなか厳しい組ですね。アトレティコもポルトも地力のあるクラブ。(アポエル以外)一位にどこがなっても不思議でないでしょう。ですが、優位はチェルシー、次点はアトレティコでしょうか。アトレティコとチェルシーの一戦次第では、来夏、アグエロの獲得にチェルシーが莫大な資金を投入するかもしれませんね。

◆グループE

リヴァプール(イングランド)
リヨン(フランス)
フィオレンティーナ(イタリア)
デブレツェニ(ハンガリー)

 リバプールが優位。リヨンとフィオレンティーナは熾烈を極めそうですが、リヨンが上でしょうか。やはり欧州での実績はリヨンが上。国内リーグチャンピオンを昨季逃したとはいえ、リヨンの強さは健在。ヴィオラにももちろん勝算はるものの、大変なミッションになるでしょう。リヨンの壁は分厚そうです。

◆グループF

バルセロナ(スペイン)
インテル(イタリア)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ルビン・カザン(ロシア)

 死の組はここでしょうか。バルサとインテルはトレードの因縁あり。エトーが反骨を見せるのか、一方でズラタンが格の違いを見せ付けるのか。上位2チームはバルサとインテルで決まりでしょうが、ウクライナとロシアが相手。遠征が遠いことはCLでも、そしてリーグでも大変でしょう。ホーム・地の利を活かしてホーム必勝の体制をとれればディナモキエフとルビンにも可能性あり。なんだかんだいって、バルサとインテルも油断できないグループです。

◆グループG

セビージャ(スペイン)
レンジャーズ(スコットランド)
シュトゥットガルト(ドイツ)
ウニレア・ウルジチェニ(ルーマニア)

 一番、戦力的には均衡している一方で緩い組かもしれませんね。セビージャ、シュトゥットガルトが勝ち抜け優位ですが、他のどの組よりかは勝ち抜けんも可能性が高いでしょうね。ウニレアなんてクラブは初めて聞きましたが、どうなんでしょうね。どうせなら、レアルマドリーのようなクラブと戦って思い出をつくりたかったかも。

◆グループH

アーセナル(イングランド)
AZ(オランダ)
オリンピアコス(ギリシャ)
スタンダール・リエージュ(ベルギー)

AZ、オランダ勢唯一ですか。時代もかわりましたね、ほんとに。しかも、そのクラブが3大クラブではなく、AZ。オランダ激変を象徴しています。アーセナルが圧倒的に優位。ベルギーは没落したものの、復興を示したいところ。そのためには大事な大会、リエージュの躍進にかかっていますね。パナシナイコスのテンカテ監督にはがんばってほしかったんですが、残念ながら本大会には出れなかったので、そのぶんもオリンピアコスにはがんばってもらいたいが、やっぱりアーセナル、AZが優位かな。



最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/08/28(金) 23:17 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/545-8f433414
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。