スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ユースは怠慢してるのか、否か。

カテゴリー: ユース

草創期のJユースが次々と人材を輩出した一方で、それ以降の世代は上手く育てられなかったというのは厳然たる事実であり、草創期よりも優秀な人材がJユースに集まっていることを考えれば、これは育成の失敗以外なにものでもないと。

また、96~04年のU-16代表(現在29歳から21歳の世代)でA代表に残っているのは内田篤人だけ。2002年W杯の代表に中田英寿、小野伸二、松田直樹といったU-16代表経験者がズラリと揃っていたのとは対照的で、最近の日本サッカー界ではエリートと呼ばれる選手が大成しなくなっている。

これが、協会のエリート教育の失敗なのか、ユースの指導の失敗なのか、たんに選手を見る目がなかったのか。そこはもっと問題視されるべきだし、検証が必要だろうと川端氏は指摘する。

昨年、U-19日本代表はアジア選手権ベスト8で敗退し、、U-20W杯の出場権を8大会ぶりに逃した。(livedoorスポーツ


■どうだか
 こんな記事をみつけたので、引用してみました。

 たしかに、アジア選手権敗退し、ユース世代がちょっと心配ではありますが、ここまで言う必要があるのか、ちょっと疑問ですね。ユースよりも高校経由の選手のほうが代表にいるというのは、そしてたしかに寂しい。しかし、高校フットボールがまだ主流といってもいい日本の現状では多少仕方ないことなのではないでしょうか。これまで、高校生がフットボールをする場所=部活だったわけで、ちょっとずつクラブユースが定着・割合を増やしていくのではないでしょうか。そうすることで、有望な指導者も高校からユースに流れてくるだろうし。もちろん力を入れていかなくてはいけない箇所ではあるが、まったく機能していないわけではないかと。

■ユース代表
 ユース代表経由でフル代表になる選手が少ない、だからユースは退化しているみたいな感じで書かれていますが、それもどうなんでしょうか。中田小野松田などの世代はJ創成期から時が少し経って、これまでレベルの低くてもプロフットボールできてる選手が多かったけど、創成期以降プロを見て育ってきた子供たちが今度はプロとして戦う年代になり、基本のレベルが向上した。結果、ベテランと若手の間のレベルの差がとても少なく、もしくは逆転するような現象がおこり、フル代表に流れ込みやすかったのではないかと。つまり、今ユース出身選手が代表に定着できていないのは、ベテランの壁が分厚くなったからであり、それはむしろ日本フットボール界の退化ではなく、進歩してきた証なのではないかと思います。彼らがもうちょっと年齢と経験を上げてきたときに、もっと代表に定着する選手がでてきてほしいと願うところではありますが、まあ若いときから世界と戦う経験を培う環境が整っていた中田世代、そのしたの小野、稲本などの黄金世代と比べればちょっと不利な点もあるわけで、ここらへんが引退してくれば、徐々にまた緩やかな世代交代が進んでいくのではないかと。実際、アテネ五輪世代も狭間の世代とか言われてたけど、今は代表に定着する選手も増えてますし。

■代表がすべてみたいな考え方の典型
 代表が全て、みたいな考え方が、この記事を書いたひとの頭のなかにあるんじゃないかな、と思うわけです。たしかに代表というのはそのとおり国の代表ですが、それは育成機関でもないし、その国のフットボールの全てを体現している存在でもない。これまでは代表がかなりの力をもっていたから、その国のフットボールの全てを体現しているかのような感じで見なしていても間違いなかったが、もうそんな時代は終わったのかと。育成を担当するのはそれこそクラブユースなどがやるわけだし、実際に代表よりも海外のクラブで学ぶことを優先して日本を飛び出す選手が増えてきている。今までは代表が全てだったから日本にいて活躍して代表に入る、ということが自然な流れだったけど、若い選手たちはそうは思わない人が増えてきている、ということ。協会に育ててもらおう、ではなく、クラブに育ててもらう。そのため、日本じゃなく、海外のクラブのほうがいいと考える選手がでてきているということ。

■なんにしても
 育成の結果として代表を全ての帰結にするのが間違いだったのでは、と思うわけです。
 簡単にいえば、ワールドユースなどのユースの大会で優勝した国は数年後W杯で優勝、もしくはそれに準ずるような成績を残せていますか。クラブチームで、欧州などですでに最高峰で戦う選手たちはユース代表に参加するとは限らないわけですし、ユース代表よりもクラブチームで練習し、試合に出るほうが成長のためにもいいということはよく言われるわけでして。ということで、代表がすべてじゃないし、レベルが異常なくらい急上昇していった時代の選手たちと今の選手たち、もしくは代表を比較するのは果たして意味があるのか、と思ってしまうわけです。

  とはいっても、今のユースや協会に満足しているわけではないし、改善を求めたい点はあるわけで、それを訴えるために上の記事を書いたのであれば、まあ納得かな、とも思うんですけどね。


 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーへ
スポンサーサイト
2009/09/06(日) 00:39 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/556-944152a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。