スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

鹿島の底力

カテゴリー: Jリーグ

 ◆J1第25節 鹿島1―3川崎=ピッチコンディション不良のためノーゲーム=(12日・カシマ) 2得点を決めた北朝鮮代表FW鄭大世は、中止が決まると、サポーターにあいさつすることで精いっぱい。ロッカールームに戻るときにはピッチ上に座り込み、約10分、立ち上がることができなかった。

 「ふざけるなって感じ。ノーゲームになるとは誰も思ってない。0―0で始まるなんて納得できない」と目を赤くして話した。

 日本代表MF中村憲も「雨が降ってもやるのがサッカー。全然、できた。勝ち点3を取って帰るつもりで、プラン通りだった。(怒りを)どこにぶつけていいか分からない」と唇をかんだ。オランダ遠征から帰国後、中1日の強行軍だったが、2アシスト。関塚隆監督は「04年の甲府戦はもっと激しい雨の中で戦った」と無念そうに話し、「雨の中、素晴らしい試合の雰囲気を作ってくれたサポーターに感謝したい」と締めくくった。(livedoorスポーツ


■どんな大雨だったんだ!?
 映像などでどんだけピッチコンディションが乱れていたのかはわかりませんが、記事を見る限りでは驚きですね。中村が言っているとおり、「雨が降ってもやるのがサッカー。野球の屋外スタジアムでブルーシートを広げ、試合を中断するかどうか迷っている間、ファンを置き去りにするようなスポーツじゃない、と関係ないことを言ってみる。
 Jはよくわからないものの、欧州のフットボールを見ている私としては、試合が中断、中止する事態として思い浮かぶのは停電。観客が見れない、ショースポーツとして成り立っていないからでしょう。また、強風で看板などが飛び、危険とされた場合。選手も危険だし、観客にけが人がでることを避けるためでしょう。雨で中断というのはあまり記憶にありませんね。

 というか、試合は何分まで進んだんでしょう。3-1ということは、けっこう時間も経過してからのノーゲームなんでしょうかね。1,2年間にローマが停電で試合中断になったときは、数日後に中断した時間からのスタートだったと思うのですが、Jでは再試合ですか。

 たぶん、相手チームによってはこの裁定は変わっていたと思うわけですよ、というのはちょっと無責任な勘ぐりですかね。鹿島アントラーズって、やっぱり強いんだなぁ、バックの力も。

 今日はこれ以上続けたら問題発言を撒き散らしそうなので、このくらいにしときます。短めのエントリーでした。
スポンサーサイト
2009/09/14(月) 01:37 | trackback(1) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/566-893054a4
ノーゲームになる??
首位争いの鹿島と川崎Fの試合で試合結果以外 のことがニュースになってしまいました。 雨でのノーゲーム。 こんな判断があるでしょうか? ...
2009/09/14(月) 21:21:23 | よっしぃの徒然なるままに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。