スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ドイツ-カメルーン。 試合が若い!!

カテゴリー: ユース

■ワールドユース
 ワールドユースというのはもう古いんですよね。U-20W杯って今は名称になっているんですよね。でも、ワールドユースっていう単語のほうが親しみがあるし、とっさにでてくるのはこの言葉なので、こちらの表記も使います。ご了承ください。

■カメルーン-ドイツ
 まだ試合途中なんですけど、ぱっと見た感じ、ドイツ勝利はかたいでしょうね。カメルーンばミスが多い。その上、ドイツが2点とっちゃってるから、逆転は厳しいでしょう。と、適当なことをつぶやく。

 で、今回、日本がワールドユース出場権を逃したことで日本でも扱い小さいし、このカテゴリーでは毎回優勝候補筆頭のチームを輩出してきたアルゼンチンがいないことなどもあって、注目度が日本的にも世界的にも弱い模様。開幕してけっこうたつのに大会の状況も、どんな選手がいるかも、まったくわからない状態で今大会でようやく初の観戦です。

 そんなわけで、久しぶりのユースの試合を見ているわけですが、う~ん、正直微妙。久しぶりなんで気のせいなのかもしれませんが、なんか、やっぱり展開が若いというか青いというか、もったいなさを感じるわけです。ここで、もうちょっと早くパスできればな、ここでちゃんとボールをとめれる技術があればな、ここで、チームの舵取り役(レジスタの役割)をこなせる選手がいればな、と。というか、展開が中すぎるように感じるわけです。両チームとも、真ん中をガシガシ攻めていく。それはそれでいいのですが、もっとサイドを使ったほうが面白いと思うんですよね。展開はセンターラインばかりなのに、両サイドの選手はしっかりと外に張り付いている。そして、そのサイドを使うことが少ない。よくサイドを使ってピッチをワイドに使う、なんて表現がありますが、センターばかり使うくせにサイドに張っているし、サイドにボールがあるときも逆サイドが中にしぼったりしていないからチームが横に間延びしてしまっている。ピッチを広く使うというよりも、ピッチが広すぎてうまく活用できていない、みたいな感じ。こういう展開をこの世代に求めるのは酷でしたっけ?そして、数少なくサイドの選手がボールもっても、あまりよくボールを運べないんですよね。強引に突破していくわけでもないし、前述のとおりピッチが広すぎるせいか、味方のフォローもなく孤立してあせっておわり、とか。でも、実際ドイツなどはその数少ないサイドの攻撃から点をとったりしているわけで、ここをもっと磨いたらこのチームは強くなるんだろうな、と感じました。

 って、あれ?ブログかいてたらいつの間にかドイツ3点目とってるし。う~ん、いつもは試合を見たあとや翌日なんかにエントリーかいたりするんですが、まだ試合を見ながら書きながらというのは自分には高等テクすぎてうまくできないようです。
スポンサーサイト
2009/10/03(土) 03:44 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/577-c3b34305
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。