スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【RTレポート】マンU-サンダーランド

カテゴリー: プレミアシップ

■【RTレポート】
 このエントリーのタイトルにもある、RTレポート。これは、私が試合をテレビでみているリアルタイム(RealTime)で文章をつらつらと書きなぐっていき、いってしまえば私の頭の中の無知をさらけ出す行為です。このブログの一つのコーナーみたいな感じで導入しようかという試験的な感覚で始めてみようかと思います。


■マンU-サンダーランド
 ちょっと放送開始時間に間に合わなかったんですが、テレビをつけるとサンダーランドがもう1点を入れているじゃありませんか。これは面白い展開になりましたね。実力では上位のユナイテッドが攻めざるをえない状況。ゲームが俄然面白くなりますし、チェルシーファンの私としてはちょっとニヤニヤしてしまう展開。とりあえず立ち上がり15分くらいですが、ここまではユナイテッドらしくない攻撃ですね。同じ絵を共有できていないがためのパスミスとか、トラップがちょっとずれて時間をかけてしまって相手に寄せられていい展開ができなくなったりだとか、そんな感じ。サンダーランドは(先制点見れてないけど)その1点を大事に、しっかりリードを守っていこうという感じ。でも、こういう展開のときってちょっと怖かったりしますよね。守りに入ってしまって、マンUがどんどん攻める時間が多くなって、結局守備がちょっとずつ崩されていく、という。その点では、ちょっと先制点が早すぎたかな、とも思いますね、ゲームプランとしては。

 現在20分。この試合を見る前に、バイエルンミュンヘン-ケルンを睡眠がてら見ていたのですが(この試合が始まるまで睡眠時間をとりたかったのですので、ベッドで横になり寝落ちするのを待ち構えながら試合を見ていた)、やっぱりプレミアは展開が速く、サイドを基点にしっかりとプレーしますね。ほんと先進的なフットボールのように見える。実際に先進的かどうかという議論は別にして、この展開の速さはやっぱり見ている側には面白いですよね。

 24分イエロー。スコールズですね。手で引っ張ってしまったわけですが、やっぱりうまいですね。いや、イエローをもらってしまったのはもったいないですが、あそこをファールでとめるほど、しっかり抑えにいくというのはベテランの味というか、いい判断ですよね。イエローを代償とするような場面でなかったことはたしかでしょうけど、こういうプロフェッショナルファールを見てニヤリ、としてしまうのは私だけでないはず。

 実況がクリロナがなんとかって言っているけど、英語よくわからない……。なんていったんだろう。

 27分サンダーランドのジョーンズの早いミドルがありましたが、しっかりとGKがボールを捕獲。なんで、我はマンUのせーブでほっとしてしまっているんだ。

 28分にはリチャードソンはイエロー。ちょっと、ここからサンダーランドはファール、特にカードには気をつけたいですね。ここで連発するような展開だけは避けなくては。後半守備で無理ができなくなっちゃうし、カード出されてきついのはユナイテッドと比べて選手層が薄いサンダーランドの方ですから。

 30分マンUが左サイドから攻略し、右サイドにサイドチェンジ。ここで遅れましたね。右サイドバック、今日は誰かちょっとまだ確認できませんが、あそこでスルスルあがっていて、自然な展開で攻撃に参加できればビッグチャンスになりえたと思うんですけど。サイドバックに攻撃力を求めるなら、今の流れ、展開は気になりますよね。で、ユナイテッドの右サイドック誰なんだ?ちょっと誰か確認したいものの、まだ誰かわからない……。最近はオシェイがこのポジションでているような気がするけど、今日は?

 34分、サンダーランドがカウンター。でも、3人しか攻撃、攻めあがらなかった。これじゃあ追加点は厳しいだろうな、という展開。まあこの時間だし、無理せずリードを守ることを最優先、という判断は間違っていないとは思いますが、こういうカウンターのあとのカウンターには注意したいですね。

 37分。ルーニーが主審に呼ばれる。まったく関係ないけど、ルーニーかわゆす。クリロナよりもズラタンイブラヒモよりも、ルーニーかわいくて好き。

 40分。ファーガソンじいさんもかわいいよなあ。ガムをかみかみ。
 同じく40分。ユナイテッドも展開ではこの時間はまだ無茶しない。けど、やっぱり攻めあぐねている感じ。いや、というよりもまだそこまで本気で攻めていないように感じる。まだ力温存で進めているって感じですね。日本代表よ、これくらいの余裕と自信、そして頭がほしいんだよ、これがフットボールだよ、と思う。いや、こんな要求、レベルとかけ離れすぎていて無茶ですね、申し訳ない。

 43分。実況がオシェ~イって言った気がする。やはりサイドバックはオシェイか。まだアップになっていないし、画面小さいので背番号も確認できないけど……と、書いてるとちょうどオシェイがアップに。右サイドバックはオシェイでした。ちょっとスッキリ。けど、オシェイ、きれいな頭してるなあ。

 スコアレスのまま、前半終了。ん~、この試合は寝落ちせずにすみそうだ。後半もぜひぜひ、サンダーランドがんばってください。

 後半開始、ベルバトフがビューティフルゴール。右サイドバックのアーリークロスに見事なオーバーヘッドで同点。後ろからのクロスをあのオーバーヘッド。うますぎです。

 一方で、今度はサンダーランド。ジョーンズがGKが触る直前にヘッドで勝ち越し点ゲット。面白い展開ですね。マンUが勝ち点3を落とすにおいがぷんぷんします。このゲーム展開、失点の時間帯はまさに勝ち点を失う強者の試合そのもの。ここでこの定番の流れをユナイテッドがひっくり返したら、そりゃあユナイテッドの底力をほめるしかありませんね。でも、この流れからの逆転はかなり厳しいはず。

 監督、サンダーランドはブルースですか?前半から見たことあるな、このおっさんと思っていたんですが、ブルースですかね。長年バーミンガムシティを率いた経験のある監督さんですから、プレミアの中位~下位のクラブでの戦い方は専門分野みたいなものですからね。うまい、うまい、うまい。
 まもなく70分。ユナイテッドもゴリゴリ攻めてきています。交代選手も二人同時交代。勝負にでてきまsちあ。フレッチャーがキャリックに代わってIN。あと、バレンシアがウェルバックに代わってINでしょうか。

 サンダーランドも誰か交代を用意している模様。ブルースもすぐさま采配でユナイテッドの交代に対抗しよう、というものですね。73分交代。リードが下がってリチャードソンかな。

 その直後!!サンダーランドが右サイドで粘ってグランダーのクロスで、惜しい場面がありましたが、追加点ならず。というか、このタイミングで攻勢に出れるのはいいですね。ジョーンズかな、決められなかったのは。

 ルーニーは獅子奮迅ですね。今まではクリロナの仕事だったような、左サイドから中に斜めにドリブルしてからミドル、今日はもう3,4回はしてるんじゃないでしょうか。

 76分カーターモールの、おそらく遅延行為でのイエロー。これはもったいない。しかし、カッターモールはこの試合きいていますね。タイプでいうと廉価版のガットゥーゾって感じでしょうか。しっかりと危ないエリアをカバーし、そしてその範囲に入ってきた選手を追いかけてます。そして、けっこう思い切りよくタックルにいく。誰と中盤を組むかにもよるでしょうが、はまればけっこうやっかいな存在じゃないでしょうか。チェルシーの苦手なケンカ・フットボールを得意としそうな選手です。

 ユナイテッドは、ベルバトフのゴールは見事だったものの、そのベルバトフがほかの時間では存在感があまりなし。その前のところ、アンデルソンとかナニとか、ここらへんの選手がもうちょっと展開力があったり、突破・打開力があったりしたらまた違うんでしょうね。

 83分。サンダーランドが選手交代。ジョーンズとフレイザー・キャンベルが交代でしょうか。ちょっとはっきりと確認できませんでした。
 その直後、リチャードソンが退場。そして、マッカートニーをいれて、マルブランクを下げます。もう、守備一辺倒になりそうですが、85分ですから、正しい判断。
 一人少なくなったサンダーランドはこれからきついきつい時間です。しかし、選手たちは体を張って守備してますね。これは期待できる。前線に一人残って、ボールキープすることができればまだ楽なんでしょうけど、なかなかそうはできない模様。

 87分にクロスからヴィディッチのヘッド。これはバーを越えましたが、ヴィディッチが流れからヘディングシュートを打ってくるとは。もうパワープレーに入りましたね。

 今時計は90分を回ったところ。ロスタイムjは4分。キャリックのミドルはひやっとしましたが、左にそれました。本当に心臓に悪い。ブルースもかなり前に出て声をあげてますね。一方でファーガソンはまだガムくちゃくちゃ。いすに座ったままです。

 あう!!92分失点!!アントンファーディナントでしょうか、オウンゴールかな。リプレイみたいけど、流してくれない。ユナイテッドが押せ押せですから。

 あと1分。マンUもかなり急いでコーナーキックけりまくり。危ない形でなんとかコーナーに逃げるサンダーランド。見ごたえありますね。これ、チェルシーの試合じゃなくてよかった(苦笑)。

 そして、タイムアップ。最後の最後で同点においついたマンUですが、勝ち点2を落としたこの事実は大きい。これで暫定でユナイテッドが首位ですが、チェルシーの試合はまだですからね。リバプールとの決戦に勝って、首位にたってほしい。

 マンUが勝ち点3を落とした事実は覗いても、この試合、面白かったですね。サンダーランドも自信につながる引き分けだったんじゃないでしょうか。今日も、夜更かししてよかったww
スポンサーサイト
2009/10/04(日) 01:53 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/579-0939a9df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。