スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

勝手にランキング 監督編①

カテゴリー: 未分類

 いつもはここにニュース記事を張っているのですが、今回は特別編として、勝手にランキングを行います。これは私の独断と偏見で現役の監督たちから数人選んで名将ランキングなるものを作ってしまおうというものです。もちろん、私の考える監督ランキングですので、みなさまの意見とは異なるでしょうが、楽しんでいただければ幸いです。
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 かつて、名将と謳われ、サポーターの熱烈な応援とフロントからの厚い信頼を勝ち取り、サッカー界に旋風を起こしたものたちがいました。そして、その名将というのは昔だけの存在ではなく、現役監督の中にも名将は必ず存在します。誰が名将なのか、どうして名将なのか。それは個人の信ずるサッカー観や愛するクラブによって異なってくるでしょう。たとえば、ヨハン・クライフであったり、はたまた、地元クラブの監督だったり、小学校時代にサッカーを教えてくれた恩師だったり。それはそれで、間違いではなく、その人にとっては名将だと思うのですが、ここでは、私の考える欧州の現役監督の中から、名将の中の名将と思われる人物をリストアップしていきたいと思います。

15.カルロス・ビアンチ
 アルゼンチンの名将。しかし、05年にアトレティコ・マドリーをまとめきれずすでに解任されて現在無職。アルゼンチンリーグ5回、リベルタドーレス4回、トヨタカップ3回の優勝を経験しています。

14.ファーガソン
 言わずとしれたマンUの老将。今はマンUで20年目のシーズンを送っています。タイトルの数は右に出るものがいませんが現在の監督の中では少し賞味期限切れのような感が。

13.アギーレ
 昨季躍進したオサスナの監督。こちらはまだしっかりとした実績がないものの、昨季の成功を評価してのランクイン。メガローテーション制は中小クラブに新たな可能性を生み出しました。現在はアトレティコ・マドリードの監督でリーガ4位につけています。

12.ゼーマン
 チェコ国籍を有する名将。私が最も好きな監督の一人ですね。今はレッチェで指揮をふるっているはずです。やはり、彼の功績は革命ですよね。イタリアの守備に偏ったサッカーの中で、ゼーマンサッカーと呼ばれる超攻撃的な4-3-3。大好きでした。これについてはまた別の機会に語りたいと思います。

11.ブランデッリ
 ヴィオラの指揮官。人身掌握術に長け、選手の能力をうまく使うことができる監督。2季前、素晴らしいメンバーをそろえながら惨敗したヴィオラですが、このブランデッリが就任して大きくチームは変わりました。ぜひ、ヴィオラで長期政権を担って、チームを完成してほしいと思います。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2006/12/30(土) 19:00 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/58-a767fd2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。