スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

スパサカに、ファンにきれた子供

カテゴリー: 代表チーム

TBS系列「S1スパサカ」(3日放送分)では、「岡田監督に直撃SP」として、サポーター100人から“岡田監督に聞きたくても聞けなかったこと”を番組キャスターの小倉隆史が直接本人へとぶつけた。

“聞きたくても聞けなかった”と聞いて、「俺に?それは止めといた方がいいな」とおどけてみせた岡田監督だったが、まず、W杯ベスト4という目標にサポーター 100のうちの8割が“無理”と回答していることについて、「いいんじゃない。人がどう思おうと関係ないから、俺には。いけると信じてやっているだけだから」と真顔で語った。

そして、“ベスト4にいけるという裏付けは?”という問いには、「ドイツがベスト4にいく裏付けって何なの?ブラジルの裏付けって?過去の実績なら、(日本がベスト4にいくのは)あり得ない。しかし、新しいことにチャレンジすることに、裏付けなんて何もないわけだよ。ベスト4、そんなの無理だよっていった瞬間に何も起こらない」といい、「単なる目標なんてない。目標っていうからには全てを懸けている」と意気込んだ。

その他にも、“中村俊輔に頼りすぎ”という問いには「全くそう思ってない」と話す岡田監督は、代表に呼んでほしい選手として、石川直宏や森本貴幸らの名前が挙がるも、「申し訳ないけど、俺には関係ない。そういうことで左右されないで決めることが代表監督には必要なわけ」と説明する。

また、 “ベンチにいるだけで効果大”との理由で、いまだ三浦知良&中山雅史を代表メンバーに推す声があることに、「カズ、ゴンはずっとよく知っているし、彼らの素晴らしいところって分かっているけど、今回のW杯のベンチという枠にはちょっと厳しい」と返答する岡田監督は、小倉から11年前のW杯代表メンバーからカズを外したことを改めて聞かれると、「もう二度と出ねえ、この番組」と怒りを露わにしつつ、「散々、98年から11年間いってきているけど、俺は日本代表が勝つためにどうするべきかを考えているだけ。もう千回以上いってきた」と不機嫌そうに答えた。(livedoorニュース)

 
■なんで偉そうなの?
この番組、私も見てました。

 でも、これ見ていて、私はスパサカが悪いというよりも、岡田監督の器量の小ささに気になりました。

 まず記事にも書いていることですが、サポーターの疑問をぶつけるという趣旨のコーナーだった。実際に日本代表ファンの一般人の方々が質問するVTRが流れていたし、日本代表というのも一つの「興行」であり「プロスポーツ」であるならば、ファンの質問にテレビでキレる岡田監督はサービス精神に欠ける。プロ失格。

■裏づけについて
 ベスト4にいける裏づけについて。これは、何も「ベスト4にいくことを確約しろ」だとか「ベスト4にいける証拠を示せ」といいものではなく、「ベスト4に進出するための要素」をききたいというファンの心。いってみれば、日本代表のストロングポイントを代表監督にききたいという、ファンとしては興味ある話なのではないでしょうか。で、結果は、「裏づけなんて何もない。チャレンジだから」

 質問の意味もわかってないww

 挙句の果てには、裏づけ、チャレンジ、目標についての定義というか、精神論というか、そんなものを述べて終り。この回答こそ、今まで何度も発言されてて聞く側はうんざりなのですが。

 ファンの人は、「若くて吸収力のある両サイドバック。これから成長してくれれば世界と戦える大きな武器になりうる」だとか「中村を中心とした強豪国にも負けない中盤の構成力」だとか「世界に誇るべき日本人FWの得点力」だとか「セットプレーの得点力」だとか、そういうのをききたかったんだと思うんですよね。こんな言葉のキャッチボールができない人が組織のトップで、本当にいいんだろうか。

■選出について
 何も、中村をはずせとか、石川森本を呼んで使えとか、ファンはそう命令しているわけじゃない。代表監督に賛同しているか批判しているかは別として、それでも、代表監督がクズでもその人に権限があることは誰しもわかっている。
「俺にはわかっている。そういうことに左右されないで決めることが代表監督には必要」

 またトンチンカンな回答。違うでしょ。

 ファンは、石川や森本が見たい。彼らが代表ユニを着て戦っている姿が見たいわけであり、各々のファンなら、ある意味当然といえる気持ち。代表監督の人には、今現在彼らに対してどう思っているのか、彼らが呼ばれる可能性は今後あるのだろうか、という疑問であり、そういう情報が知りたいわけ。「石川?Jでも好調だし、試してみたい選手だよね。今の調子を維持できていれば召集する可能性は十分あるよ」「森本?日本人にはない経歴だよね。日本代表で彼の力が発揮されることができるか、有効な選択肢となりうるか、もちろん日本代表に彼が必要だと思えば呼ぶよ」とか、そういうことを聞きたかったんじゃないのか。本当にこの人だめ。

■カズはずし
 11年間、それについて答えてきた。1000回以上言ってきた。でも、ファンはまだそれをきいているんですよ、実際。納得できていないんじゃないですか?もしくは伝わってないからじゃないですか?
 前述のとおり、代表監督には「周りに左右されずに選手を決めることが求められる」というのはわかるんですよ。でも、だからこそ、「召集や起用には(自身の中で)明確な理由と判断が必要となる」わけです。しかも、それが親善試合でもなく「W杯」なんだから、それは相当のもの。それをきいて何が悪いんだ。そして、納得できないから質問して、逆ギレして答えない、それは何なんですか。

 選出に関して、本当に自身の中で明確な理由からの判断を行い、今でもそれに間違いがなかったと信じているのであれば、千回でもそれに対して自信をもって答えることができるはず。今、それがぶれているから、ああして答えられないのではないですか。キレてしまうのではないのですか。

■子供
 ガキの代表監督に今更何も求めることはありません。そして、そんな人が勤める日本代表チームには魅力すら感じません。

 W杯も日本の試合はたぶん見ないだろうな。別の国の試合が並行してやってたら、そっちのほうが面白いだろう。日本なんかよりも、技術もサービス精神も「プロ」なんだろうし。

 地域密着のJリーグ。それは日本にフットボールを根付かせるため、クラブを根付かせるための施策なんだと私は思っていました。

 そして、代表チームというのは、Jリーグではないものの、現在の日本フットボール界において頂点に位置し、Jリーグの各クラブチームの模範となりたる存在。そのトップが、監督たる人物がこんなことでは、Jや協会が仰っていることを、その理念をどこまで信じていいのか、はなはだ疑問に感じるのです。

 そして、私はこの方の暴挙に対して、投書をしようとJFAの公式HPに行ったんですが、こちらから向こうに何か伝えるためのフォームも何もありませんでした。せいぜい、昼間しかあいてない電話くらいでしょうか、できる手段というのは。

 ほんと、協会は一般の方たちとはかけ離れた”お役所”なんですね。今までもそうなのかと思っていましたけど、今回はっきりしました。もういいです。
スポンサーサイト
2009/10/08(木) 05:20 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/583-64709003
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。