スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

遅れながら、スコットランド戦

カテゴリー: 代表チーム

■いまさらながら
 スコットランド戦をみています。ちなみに、がんばってここまでこれに関する情報をカット。まっさらな状態で見ようと思っています。

■15分まで
 とりあえず、気になるのはサイドバックの上がりの遅さ。今野は仕方ないのかもしれないけど、やっぱり物足りないなあ。まあ内田があれなんで、バランサーとしての今野なのかもしれないけど、内田がまったく使えるキックを見せてくれないだけに、もったいない。そして、石川のトラップの下手さ。Jは見てないんで最近の石川のプレーはわからないんですが、緊張しているんでしょうか。ほかの選手もトラップ下手なんですが、石川は特に目に付きますね。あとプレスがきいてない。でもまあ、これはこれでいいんじゃないかと。スコットランドも日和見的な、適当なプレーだから、そこまでプレス狂いする必要はない。本来の日本代表は90分持たせないことを前提とした鬼プレスがチームの特徴なわけで、このメンバーだと状況でしっかり判断しているというか、ファーストチームとフットボールの共有ができていないというか、う~ん、どうなんだろう。

■15分以降
 前田遼一、もう28歳なのか。
 23分。やっぱり左サイドからの攻撃がない。右の内田ががつがつ上がっているのはいいんだけど、今ちゃんがもうちょっと攻撃に参加しないと、日本の左サイドは生きてこないんですよね。今日のスコットランドが相手なら問題ないかもしれないけど、世界クラスではもっと両サイドから攻撃できるようにならないと、崩しは難しい。

 そして、岩政。日本では偉く評価が高い選手だが、そんなにいい選手には見えないのは私だけでしょうjか。というか、守備下手くない?

 そして、どうでもいい話だが、遠藤よりも橋元よりも、俺は二川が好きだあ!!二川をだせ、岡田!!

 今ちゃんがちょっとずつ攻撃に参加してきている。けど、やっぱり遅い。

 ここまで、35分。というか、本当にスコットランドは省エネフットボールですね。日本にとってはスペースが与えられていて、ひじょうに攻めやすい状況のはずなんですが、うまく攻撃の形を作れない。サイドはスコットランド放棄して、中を固めるようにしていますね。こういうときの定石といえば、

①サイドを何度も抉ってディフェンスラインとGKの間に早いクロスを入れ続け、相手のディフェンスラインを下げさせる 
②サイドを抉って、中央へマイナスのパス。ラインが下げさせたためにミドルやロングを打つ位置を近づけさせている。ここで、ズドン。


 ですよね。この形で典型的だったのが、40分の攻撃でしょうか。でも、こういう場面が少ないし、サイドをえぐる場面が少ない。特に右サイドの石川。中に中に入りたがるためにサイド攻撃が盛り上がらない。内田が右サイドの基点となって、攻撃回数が多いのに、石川でサイドを抉れず攻撃中途半端。左は今ちゃんがバランサーに徹していて攻撃が少ないけど本田やケンゴウがサイドに流れていい攻撃をする。歯車、逢わないですよね……。

 そして、実況!角ちゃんでしょうか、ウエストブロムビッチアルビオンを棒読み失敗するような実況は帰れ!!

■後半
 解説は越後、ピッチ開設がナナミさんか。ナナミさんを解説席に座らせてあげようよ。絶対、そっちのほうがいいよ……。

 後半はじまって、スコットランドがしっかりプレスをかけてくるようになった。今まで省エネだったけど、ちょっとギアをあげてきましたね。今、スコットランドは点をとりにきている。この時間帯のベストな日本の対応というのは、

①しっかりとリトリート型の守備をするか、プレスをしていくかの守備の方法をしっかりと統一、共有すること
②相手に攻めさせながら、相手の運動量が多くなるように守備すること。
③しっかりとカウンターを行い、相手ディフェンスを引かせてコンパクトさを維持させないようにすること。(コンパクトではない=前線・中盤の運動量も増える) 

55分、森本イン。ちょっと期待しちゃうよね、うん。

 前半の途中からだけど、本田さんとケンゴウがポジションチェンジをしてから日本の攻撃は少しよくなった。石川が中に入り込んでくるぶん、ケンゴウがよく外(右)に流れる。一方で後半、左に移った石川。まさに死活。左サイドを捨てた日本。

 60分。なんでサイドチェンジしないんだよ。今ちゃんにサイドチェンジしろよ、内田。

 ここで一気に大きなサイドチェンジできない日本にとって厳しいな。

 61分、FK。ケンゴウと本田がボールの近く。これは本田さんだな。ケンゴウは譲るはず。ケンゴウがああやってでしゃばってるけど、あれはフェイクで、ちゃんとホンダに華を持たせる、それが名わき役ケンゴウさん。

 って本田△!!!いいボールけりますね。
 大久保と松井が出そうという、ナナミさんのリポート。橋元さんと石川さん、内田が下がるようですね。大久保、松井、徳永が代わりにイン。
 
 65分、またFK。これはやはり本田。でも、外れちゃった。アウトか。ちょっと調子乗っちゃったかな。

 松木さんいたんだ。「1.5トップ」って何ですか?セカンドトップって言葉を知らないんですか?

 松井って、腰痛で苦戦してますよね。代表召集、やめてあげればいいのに。

 徳永って、スペインでも評価の高いサイドバック。大学生のイメージがまだ私の中では強い。対人プレーには強いイメージがあるんですけど、どんなプレーするのか、ちょっと楽しみ。

 森本、いいじゃないか。世界最高峰のディフェンダーが相手だったら厳しいだろうけど、しっかりとスピードだしながら体をぶつける、寄せる。そして、ディフェンスの体を崩してマイボールにするのは魅力ですね。

 77分。そろそろ、岩政下げ時だぞww

 松井のプレーがいいとは思わないけど、石川と違ってしっかりサイドに張ってからプレーするし、タメがつくれるから今ちゃんがあがりやすい。左サイドがやっと生きてきましたね。でも、逆に右サイドが微妙。徳永さんが攻撃に参加できない、大久保が目立たない。

 稲本下がって、コマノがイン。今ちゃんがボランチですね。ボランチ、いいよね。今ちゃんのボランチ好きだよ。

 ん?スコットランド先制? 見事なゴール(笑)。82分かな。【オウンゴール】

■終盤
 特にコメントする内容がないまま時間が過ぎていく。本田さん、フィジカル強いなあくらいしか感想がない。

 森本が引き立てて、本田さんがしっかりとゴール。けど、森本はうまかったなあ。やっぱり、ジャパンのヤナギとは違ううまさ。自分の形をもっていますね。イタリアのFWって感じ。一方で、本田さんは、オランダっていうより、アルゼンチン?

■戦評
 日本1.5軍、スコットランド2軍って感じでしょうか。

 まず、ディフェンスがまずい。CBがもろい。阿部はまだ無難だったけど、岩政さんは見ていて怖かったなあ。相手が相手なだけに大丈夫だったけど、あれは守備の時間が延びたらボロを連発する。そして、サイドバックがディフェンスは見る場面が少なかったけど、攻撃が物足りない。内田はもっと精度をあげてほしいし、徳永はもっと攻撃の参加の仕方を気をつけてほしい。今ちゃんもサイドバックとしてはまったく満足できないけれど、ボランチとしては短い時間だったけど、一応及第点。中村ケンゴウとコンビを組んでからはやっぱり、いい働きしてましたね。

 で、これでいいの?岡田監督?

 あなたが望んでいたテストはこれでしっかりできましたか?今、このタイミングですべきことが新戦力のテストだとは、私は思わないのですが、岡田監督がそれを狙っていたのであれば、この試合よかったんじゃないでしょうか。

 W杯まで、海外組を集めてこれだけまとまった期間、試合と練習をできるなんて、あとはW杯直前だけ。ここで、Jの選手を中心にチェックするのがコノタイミングじゃなきゃだめだったのか。チームの成熟ではなくチェックのために欧州から選手を呼ぶ必要があったのか、ひじょうに疑問です。
スポンサーサイト
2009/10/11(日) 22:01 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/584-8a77478e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。