スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【RTレポート】コッパイタリア インテル-ユーベ

カテゴリー: セリエA

■コッパイタリア
 インテルとユーベのイタリアダービー。15分まではついったーでちょこちょこポストしてたんですけど、あまりこの試合は実況されてる方が少なくてトーキングできないので、ブログに移動。

■ここ(15分)までは
 トルドの痛恨のミスで、ジエゴがゴールを決めており、0-1でユーベが先制。ジュリオセーザルにかわって今日スタメンのトルドはここまで不安定な印象。

■15分以降
 17分のトルドのパンチングもひどす。
 ユーベはパスミスもあって、比較的高い位置でインテルがボールを得るシーンもあるにはあるが、全体的にチャンスになりそうな場面もあるけど、大半の選手が低い位置にいて攻め上がりも遅いし、ユーベはまだしっかりとひいてることもあって、チャンスらしいチャンスにはなってない。グリゲラやキエッリーニががんばってるって印象ですね。

 センターFWがバロテッリかな?ちょっとユーベのこの二人のCB相手にはちょっと厳しいかも。

 29分、ファール。20メートルから25メートルの間くらいでしょうか、ユーベが中央やや右で、いいところからFKを得ました。しかし、ここは力もコントロールもないシュートでトルドが余裕のキャッチング。

 36分、ユーベがカウンター。グロッソがあがってミドルをうってコーナーになりましたが、ユーベのほうが前への推進力という点では圧倒的。どちらかというとインテルのほうがポゼッションして試合を勧めていると思いますが、チャンスとしてはユーベの方が効率的というか、より決定機に近い形で試合を進められている気がする。これは1点のリードがあるから、しっかり守ってカウンターということができるのかもしれないけど、この試合、相手はユーベだし、こりゃあきついかもしれないなあ。

 マイコンに41分イエロー。ジエゴを転けさせたという判定でしょう。

 しっかし、ちょっとシステムがわかりにくいなあ。最初は3トップかと思ってたけど、バロテッリとパンデフの2トップかな。パンデフがよく右に開くからウイングかと思ったけど、意外とウイングにしては高い位置な気もする。どっちなんだろう。

 前半終了。結局0-1でユーベが優位。モウリーニョは相変わらずのかっこよさ。

■後半開始
 50分、インテルのカウンター。パンデフが前線でキープして前にいるバロデッリへ。トラップがちょっと大きくなっちゃったけど、豪快にシュート。しかし外れました。51分には逆にユーベがカウンター。これもジエゴが惜しいシュート。怖い怖い。

 後半57分。インテルのプレスが厳しくなってきた。かなりきついタックルいれるようなってきたし。これは、そろそろインテルが勝負にきてるのかもしれない。

 後半59分、バロテッリとスナイデル?がワンツーで攻め込むも、最後が共有できてなくてミス。バロッテリがその後、一人で右サイドからドリブルすることもあったものの、これもとられっちゃいました。ユーベはこの時間、ポゼッションすればインテルにはきつい。勝負にきているぶん、この時間帯に点とれないとかなり厳しくなりそうだな~。

65分、ペナルティエリアでコケる。ファールを主張してる。大げさすぎだったかな。PKっていうようなタックルじゃなかった。イエローでなくて一安心。

 マイコンが攻め上がり、ペナルティエリア外でファールでとめられる。FKをスナイデルが頭でおしこんで同点!!俄然もりあがる展開!!

 76分、ユーベがミドル!!ちょっと誰かわかんなかったけど、今日のトルドはちょっと安心できないし、怖い。

 スタンドのファン、笛鳴らしすぎ。78分。ピーピーピーピーと。

 78ふん、パンデフさがってムンタリイン。ミリートが入ってるから、バロデッリとミリートが前線で勝負、ムンタリで中盤を厚く、ということでしょう。

 81分ユーベペナルティエリアの外付近で、激しいボールの奪い合い。インテルはやはり勝ちにいってる。引き分け狙いじゃない。

 82、83分、インテルの決定機が続きましたが、決められず。ガンガン押してるけど、こういう時間帯こそ、カウンターだけは気をつけてほしい。でも、いいよいいよ、こうやって、勝ちを狙いにいく貪欲な姿勢!!

 
 88分!!バロテッリ!!モッタのミドル、ブッフォンはじいたところをバロテッリがつめて逆転!!2-1!!おっしゃ!!

 ロスタイムは3分。でも、もうモウリーニョのチームなので、ここらへんは手堅い。ユーベは慌ててるし。
 そして、スナイデルをさげてコルドバをいれる。もう、時間稼ぎの交代ですね。

■試合終了
 最後は余裕の逃げ切り。チームの差、というより、監督の差って感じがしました。スコアこそ2-1でしが、チームの完成度、監督の手腕には大きな差があった。

 これぞ、モウリーニョ、という采配、交代もあったし、うん、やっぱりモウリーニョ最高です。信者としてこれほどしびれる試合はありません。コッパなので、今日は観戦してる人も少なかったようですが、朝からこれ見れた人は幸せものですね(もちろん、インテリスタに限る)
スポンサーサイト
2010/01/29(金) 06:42 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/600-cba3a78e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。