スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ベルバトフは放出されるのか。

カテゴリー: 移籍

 ベルバトフは今シーズン、プレミアリーグで32試合に出場し、20得点を記録。マンチェスター・CのFWカルロス・テベスとともに、得点王に輝いた。しかし、アレックス・ファーガソン監督は、チャンピオンズリーグ決勝のバルセロナ戦でベルバトフをベンチ外に。今シーズンの集大成とも言える大一番で、リーグ得点王に“戦力外”の宣告を突きつけた。

 それもそのはず。ベルバトフは得点王のタイトルこそ獲得したものの、格下相手からの固めうちが目立ち、試合の行方を左右する場面での得点は少なかった。終盤戦ではFWハビエル・エルナンデスにポジションを奪われ、リーグ最終戦のブラックプール戦でも多くの決定機が訪れたにもかかわらず、チャンスをふいにし続け、ノーゴールに終わっている。(livedoorスポーツ



 ベルバトフ、たしかに得点に比べ、貢献度では微妙だったですよね。でも、となると、ユナイテッドのFWはどうなるのか、ということに。マイケル・オーウェン、オベルタン、チチャリート。ルーニーは不動でしょうが、今のユナイテッドにおいて、ルーニーは純然たる点取り屋というよりも、組み立てにおいて大きな働きをする、(イタリア的な言い方だけど)トレクアルティスタみたいな感じだよね。となると、ストライカータイプの選手がどうしても欲しい。チチャリートはたしかにいい選手だけど、年間を通じて、ストライカーとして中心になれるかといわれれば、正直伸び代に期待する分がおおきく、メガクラブとしては賭けといっても過言ではない気がする。CL決勝のバルサ戦ではまったくいいとこなしだったし。オーウェンじゃサブとしても厳しいだろうし、オベルタン、レンタルバックになったとしてもマケダじゃやはり役不足。

 ドログバ、アネルカ、トーレスを並べるチェルシーと比べると、なんともスモールな陣容になってしまう。
 ということで、ベルバトフを放出すれば、それ相応の選手の獲得をすると思われるんだが、ベルバトフがその移籍金をまかないきれるかといえば、今の評価では厳しいと思う。たとえ、それが得点王だったとしても。ただ、ユナイテッドが超破格の選手をもってくるとも思えないので、どんな選手を狙ってくるのか、いくらで引っ張ってくるのか、ひじょうに興味深いところ。

 そして、ベルバトフ。実際、今シーズンは貢献度からいったらたしかにたいしたことなかったが、もともと実績、能力、ともに抜群のベテランで、ある意味ユナイテッドにはそのような人物はまさに理想的な人材に思える。ユナイテッドに移籍してきたときの金額とは比べものにならないくらいの安さでの放出になるだろうが、中堅どころに移籍すれば、恐ろしい選手になる気がする。
 
 とにかく、この移籍がどう影響してくるのか。目が離せない。
スポンサーサイト
2011/05/30(月) 22:19 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/607-d0f131d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。