スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

マスチェラーノ、移籍熱望!!

カテゴリー: 移籍

「とにかく、ここから出たい。現状のままウェストハムに留まることは出来ない。僕はまだ若いんだ。試合に出なければ成長することは出来ない。ウェストハムでチャンスを与えられないのであれば、移籍するしか道はない…」
 しかし、マスチェラーノの移籍には大きな障害がある。FIFA(国際サッカー連盟)の定めるルールでは、7月1日から翌年の6月末日までの間で、1人の選手がプレーできるのは2チームまでと決められている。つまり、今シーズンすでにコリンチャンスとウェストハムで公式戦に出場しているマスチェラーノは、新天地への移籍が成立しても出場が認められないことになるのだ。ただし、各国協会からの要請次第では、FIFAが特例を認めるケースもあるため、移籍に向けた動きは水面下で活発化している。<livedoor スポーツ>
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 マスチェラーノ、厳しい状況ですね。出場試合数7はあまりにも淋しすぎる数字。アルゼンチンにいるときから有名で、ようやく欧州に移籍してきた選手だけに、私はウェストハムでかなり活躍してくれるものと期待していたのですが。
 そもそも、テベスとマスチェラーノの移籍に関してはいろいろと騒がれましたが、私は正直うれしかったです。この2人の欧州挑戦はコリンチャンスに移籍したことで遠のいていましたし、その二人がようやく欧州にくることになって、待ちに待った、という感じでした。親会社の陰謀だとかいろいろ言われてましたが、古豪ウェストハムがまた強くなることはいいことだし、これを布石としてチェルシー、マンU,アーセナル、リヴァプールの4強をかき乱す存在になってくれるかもしれない、と思ったからです。やはり、見ている側としては、リーグの優勝争いに多くのチームが絡めば盛り上がります。優勝持ち回り制度よりも、戦国時代のほうが見ている側としては面白いですよね。数年前、イタリアが面白いと感じたのは、レベルが高かったのももちろんですが、そのような理由があるからだと思います。優勝の可能性をもつクラブが一つでも増えること、それがリーグの面白さをあげる起爆剤になるのです。
 しかし、マスチェラーノは干されてしまいました。じゃ、チェルシーに来ますか?それなりに安いならいいんじゃないですかね?マケレレもけっこうお歳ですし、後釜に。
 マスチェラーノのポテンシャルを考えれば、ウェストハムでくすぶっているのはもったいないですよね。私も、一刻もはやく、彼が飛び立てる日を願っております。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/01/06(土) 00:05 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/72-993c8169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。