スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

放出濃厚なロナウド

カテゴリー: 移籍

しかし、ACミラン側は「今のところ、ロナウドもカッサーノも獲得することは考えていない」と色よい返事は出していない。その理由として今シーズン、ロナウド、カッサーノともにすでにチャンピオンズリーグに出場していること、昨夏にもロナウド獲得に動いた際、2200万ユーロ(約33億9000万円)のオファーをレアル・マドリーに断られたこと、カカを巡る両クラブ間にある緊迫した関係、などが考えられる。(livedoor スポーツ)
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 ロナウドですか……私はミラニスタではありませんが、ミラニスタの立場になって考えてみても、ロナウドはいりませんね。
 もちろん、ロナウドは怪物です。点をとってくれるし、突破力もあるし、得点力もある。しかし、それが過去の話になってきているのはたしかです。今は技術でカバーしているのかもしれませんが、スピードが劣ってきているのは明らか。
 フィーゴがアルイテハドに移籍することが決まっていますが、ロナウドもフットボール発展途上国にフットボールにいくのもありじゃないかと思います。はっきりいって、かつての怪物ぶりを見せてくれたロナウドがこんなに落ちぶれている姿はみたくありません。(勝手な決めつけですが)ミランに移籍してスタメンをとれず、さらにイタリアの地方チームに移って活躍できず、最終的にブラジルへ帰る、というのは正直、怪物ロナウドとして、有終の美といえるのかどうか。もちろん、現役にこだわるロマーリオのように、あちこちの国のあちこちのクラブに移籍してがんばるのなら好感ももてるのですが、ロナウドにはそこまでフットボールに対して熱があるように感じません。他にやりたいことがある、とか、こんなファンにはがっかりだ、みたいなことをいって引退してしまうかもしれない、ということを勝手に想像してしまいます。
 それならば、まだレベルの低いフットボール発展途上国に行き、そこでまた「怪物」のような扱いをされ、熱狂的に歓迎され、そこそこ結果を残してブラジルに帰ってほしいと思うのです。
 ミヤトビッチと二人きりで密談したというように、ロナウド放出の動きは強まってきています。さて、ロナウドはどこにいくのでしょうか……。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/01/08(月) 15:43 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/79-4733aefd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。