スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

オシムがU-17代表に警鐘

カテゴリー: ユース

 U―17日本代表は昨年9月のU―17アジア選手権で優勝を飾り、U―17W杯(8月、韓国)の出場権を獲得。アジア制覇はMF小野らの黄金世代以来、6大会ぶり2度目の快挙だった。オシム監督はMF柿谷、水沼ら将来性豊かな選手たちが世界大会で好成績を残して、満足することを危ぐ。関係者約800人が集まった大イベントで、目先の結果だけを求めることに警鐘を鳴らした。(スポニチ Annex
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 別に、オシムは負けろっていってるわけではないと思いますが、ここでしっかり注意を促すためのコメントを出せるところがいいですね。情報源のサイトでいっているような”珍アドバイス”というほどのものでもない気がします。ここらへんが、なんというか、大げさというか、ん~、おいおいといいたくなってしまう記事ですよね。
 さて、06年の日本代表はどうだったでしょうか。こう表現すると、ちょっと、振り返る時期を外した気がしますね。そのようなことが言いたいのではありません。06年はW杯。日本は残念な結果になりました。かといって、それだけではなく、伊藤翔がアーセナルのテストに合格したり、U-17代表がアジアを制したり、オシムがフル代表で20代前半の選手を招集し、起用したりと、世代交代の流れ、若手の台頭が顕著な一年だったと思います。これは日本フットボール界としては好ましいことですよね。中田やその下のゴールデンエイジの代表でW杯に敗退しましたが、次の挑戦に向けて期待をさせてくれる若手が出てきたのですから、本当にうれしいです。
 オシムはU-17がアジアを制覇し、満足することを懸念しています。もちろん、そこで満足してしまうのはいけないことですが、世界への切符を手に入れたことと、アジア王者という自信は彼らにとってひじょうに大きなものになった、もしくはなるのではないでしょうか。これから、世界の強豪と戦うわけですが、そこで、アジアでは経験できない強さの相手や経験できないシステムやリズムの相手と実際に戦えるわけです。これはひじょうに大きいですよね。また、自信は今後、U―19やオリンピック、そしてフル代表でアジアの各国と戦うとき、「俺たちはアジアチャンピオンになったんだから」とか、「チャンピオンだから勝てる相手だ」みたいに、勝利に対する強い気持ちが生まれると思うので、これもとてもいいことですよね。もちろん、怠慢や過信につながってはいけませんが。
 アジアの中でも、世界大会にはどこでも出場できるわけではありません。その世界大会に、アジア王者として出場できるチャンスを得たわけですから、それを最大限に活かし、一つでも多くのことを学んで帰ってきてほしいと思います。こんなことを書いておきながら、今すぐ彼らが出発するというわけではないんですけどね。気が早くてすみませんでした。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/01/09(火) 02:21 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/81-db541ab7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。