スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

デル・ビスケの嘆き

カテゴリー: リーガ

「カンテラの選手の使い方に問題がある。フラード、アルベロア、ソルダードといった選手はトップでも十分通用すると思う。キンタ・デル・ブイトレ時代(1980~1990年代)や他のカンテラ出身者が活躍した輝かしきレアル・マドリーの歴史が台無しになってしまった。どの時代でもその時を象徴し、チームのモティベーションを上げていく選手がいたのだが・・・」(livedoor スポーツ)
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 レアルで一時代を築いたデルボスケ元監督の発言です。カンテラ出身選手の活躍がクラブの成功には必要だと考えているようですね。たしかに、今のバルサにはカンテラ出身の選手が数名おり、彼らが活躍しています。バルサの象徴はロナウジーニョではなく、プジョルと地元バルセロナのソシオが言うのはやはり、カンテラ出身であり、バルサの精神を受け継いでいるからでしょう。ここで、日本の何も知らない人間はバルサの象徴を自信もって「ロナウジーニョ!!」というんでしょうけれど。
 というわけで、カンテラ出身選手の活躍はチームやファンの指揮もあがるし、カンテラに所属している選手の励みにもなるので、とても重要なことだと思います。やはり、下部組織は以後のクラブを左右する大きな要因の一つですから、スペインのクラブに限らず、多くのクラブが下部組織の充実を目指しています。


 これまで、カンテラ出身選手の重要性を書いてきたわけですが、逆に、下部組織出身の選手がいない、もしくは少ない状態で成功を収めているクラブはあるのか。
 チェルシーではないですかね。ランパードも(たしか)リーズ出身の選手ですし。テリーくらいしかいないんじゃないですかね。まあ、下部組織を強化するという声明はだしていますけど、現時点では下部組織出身の選手は目だっていませんよね。今からチェルシーも、本当のビッククラブになるための闘いが待っているのかもしれません。 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/01/12(金) 01:59 | trackback(0) | comment(2)
前ページ | | 次ページ

ランプス

URL | [ 編集 ] 2007/01/16(火) 01:53:20

今晩は!
確かに今のフットボール界では下部組織を充実させる方向で各クラブが鎬を削っているようです(青田買いのように)。
その点、チェルシーは現時点で下部組織出身でレギュラークラスはテリーただ一人ですが、チェルシーの象徴と言えばそのテリーだと思うんですよね。ランパードもジョー・コールも今のチェルシーには無くてはならない選手ですけど彼等はウエストハムの出身なので、現時点ではまだ象徴と呼ばれるまでには至っていないと思います。
チェルシーもこれから下部組織を強化していく方針のようなので、推移を見守って行きたいと思います。

パベル

URL | [ 編集 ] 2007/01/17(水) 00:21:20

ランプスさん、コメントありがとうございます。

下部組織出身で実力ある選手がそのクラブでキャプテンとして活躍できる、というのもそのクラブの成功の一つの鍵なのでしょうか。
ファンとしてみれば、やはりそのような選手に対して応援の熱もやはり高くなりますよね。











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/84-581b2e84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。