スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

モウリーニョを指示する監督たち

カテゴリー: モウリーニョ

一部報道では、親しい友人に対して、モウリーニョ自身が退団の意思を明かしたとも伝えられている。
 チェルシーの監督就任以来、プレミアリーグの勢力図に大変動をもたらしたモウリーニョ。しかし、過去2シーズン、圧倒的な強さを見せ付けられてきたライバルチームの監督たちからは、意外にも同情的な意見が多く聞かれた。
 現在、チェルシーと激しい首位争いを繰り広げるマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督もその一人。モウリーニョ率いるチェルシーと9度対戦して、1度しか勝てていない老将だが、「退団が本当なら、私にとっては残念なニュースだ。彼と話すのは嫌いではなかったからね。ただ、彼が他人に去就を明かしたというのは信じ難い。私では考えられないことだから」とコメントしている。
 さらに、同じロンドンに本拠地を置くフルアムのクリス・コールマン監督もモウリーニョを支持。「彼を手放すなど愚の骨頂。今のチェルシーは確かに調子を落としている。しかし、新しい監督を招いたとしても、リーグ連覇かチャンピオンズ・リーグの優勝でも成し遂げない限り、クラブとしては後退することになる」とチェルシー首脳陣に冷静な判断を求めた。(livedoor スポーツ)
 読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif

 前にこのブログでも、チェルシーにとってモウリーニョは現時点で最高の監督、というような表現をしたと思うのですが、そのことは他の監督たちもそう思ってくれているようですね。犬猿の仲”ベンゲル”の発言が聞こえてこないことが少し面白いですが、とにかく、ファーガソンやコールマンがこのような声明を発表してくれてモウリーニョは嬉しいでしょう。もしかしたら、このようなことも計算しての発言だったんでしょうかね?凡人の私にはわかりませんが、計算できる男であるモウリーニョはどこまで計算して動いているかわかりません。
 また、モウリーニョ自身は次のような発言をしています。

「私はチェルシーを愛している。そして、次の試合に勝つことしか考えていない。マスコミは無視して、ともに勝利を目ざそう」

 他の監督たちが支持を表明して自らの正当性をアピールし、ファンや他の人たちに同情をあおります。さらに上のように、ファンの心をくすぐる発言をこのタイミングで。フットボールに関する実力、かけひきのうまさが見事なモウリーニョですが、ピッチの外でも彼は策士だなぁと感じてしまいます。これも、モウリーニョの魅力の一つですよね。
 最後まで読んでくださった方はクリックお願いします。
人気blogランキングへ
FC2blogランキングへe_02.gif
スポンサーサイト
2007/01/14(日) 14:50 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://chels.blog85.fc2.com/tb.php/88-992a89e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。